カテゴリ:ドライオーガズムについてのetc > 前立腺マッサージについて

皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)


現在、OPEに在籍しています♪♪

オフィシャルHP






今回のテーマは

ドライオーガズム達成者様への注意事項

というお話になります。 





今回は既にドライオーガズム達成を果たした方に向けてのアドバイスになります。





あくまでも、個人的主観だということをご理解頂き読んでもらえると嬉しいです。


ドライオーガズムを達成された方はパターン的に2パターンになるかと思います。





1. アナル開発(前立腺マッサージ・アナニー)で達成


アナルの前立腺炎のみの刺激でドライオーガズム達成をされている方。

他の部位を触りながらであったり、オモチャなどの使用によるプレイではない開発の仕方で達成をされた方。


2. アナル責め(プレイ)で達成


アナルの触られ方がグリグリとされたものでドライ達成された方。

前立腺炎以外の部位(乳首・亀頭・玉)も一緒に刺激を受けながら達成された方。

オモチャなどの使用で達成された方。





特徴としては、

1のパターンでイケた方の場合、ここから更にイキ方の種類を増やしていきやすくなります。



アナル開発→アナル責め
比較的上手くいく可能性が高いです。



2のパターンでイケるようになってしまわれた方は、逆にドライオーガズムでイク方法を1のパターン、アナル開発にするのは非常に難しいです。

最初少し慣れるまでに要する時間がかかりやすい、もしくは効果を実感しにくいかもしれません。 



アナル責め→アナル開発
慣れるまでに時間がかかる。
もしくは効果を実感しにくい。



アナルへの負担やハードルを上げながら、ドライオーガズムを楽しむようになってしまうと、どこかでアナルへの負担がかかり過ぎてしまい、アナルへの感度が今までより下がってしまうか、アナルに支障が出てしまう方もいらっしゃいます。





よく、初心者さんの方でアナルに何かしらの支障が出たら嫌だ、という理由からアナルに対して躊躇されている方がいらっしゃいますが、アナルは負担をかけないようにゆっくり開発していくと、恐れているような状態になることはほぼないですよ(^^)





イケるようになってしまわれると、そのままの状態を維持したいと思われる方と、更に上を目指して色んな事をしたいと思われる方といらっしゃいます。





個人的にはアナルに負担をかけながらのドライは将来的にアナルへの影響(負担をかけ過ぎた事による感度の減少、痛みや前立腺炎、痔を患ってしまうetc)が出る可能性があるのでお勧めしていません。





一度、何かしらの支障が出た方が、以前のような気持ち良さを取り戻す為に、アナルを触れない期間が長くなってきます。
人によっては、もう前の様には感じないという状態になってしまった方もいらっしゃいます。





実際にあったお話で、ずっとドライでイケていた方が少し激しい事をされてしまった事が原因で前立腺炎を患ってしまい、指を入れただけでアナルが痛いという状態になってしまいました。



入れてすぐに痛くなるので前立腺マッサージをする事が出来ず、3ヶ月後にご来店頂いた時には、痛くはないけれど、気持ち良さが出なくなってしまっていました。



元々、ドライでイク快感を知っている方だっただけに、かなり残念そうにされていましたが、今の状態ではすぐに快楽を取り戻すのは厳しいと思うので、1年はアナルを触らない期間を作って頂けるようにアドバイスをしました。



その方と再会をしたのはそれから1年半後でした。

その時は、アナルの感覚も以前のように戻ってドライを楽しんで頂けるようになったのですが、激しい事に手を出していなければ、ドライオーガズムを定期的に楽しんで頂けていたと思います。





ドライオーガズムはトレーニングをすればするほど、かなり強烈な快楽に変わっていく事に間違いないのですが、アナルへの負担がかからないようにする事が長い間ドライオーガズムを楽しんで頂ける鍵だと思います。





激しく触られるアナルのプレイやアナル責めは、責められている、やられている、という雰囲気で遊ぶ時はOKなのですが、アナルへの負担は相当なものになります。


過去にアナルの感度がだんだん落ちてきている人は、激しいアナル責めを受けていたり、様々なオモチャの多用が原因である方が大半でした。





どんなオモチャを使ってもアナルが丈夫で全然平気な方はそのような物を使用されても問題ないと思います。

大半の方は、強度や大きさなどを上げていくと負担から何かしらの支障が出る方が多いように思います。





ドライオーガズムを楽しむというところに着眼点を置くと、激しく触られたり、オモチャを使用したりという事は、少し違った内容となってしまうのです。





現在、正にそのような状態に陥ってしまい、焦っているという方は、アナルの休息期間を設けて頂く事をお勧めします。





上記の方にもあったように、感度の落ち具合が極端に出ている場合は、思い切って1年〜2年程、アナルを一切触らないという生活を送って頂き、復帰する時には、ソフトな前立腺マッサージからスタートされると、アナルにも負担をかけることなく、更に感度を引き出してあげることがやりやすくなると思います。





今は感度の落ち具合を感じていないという方は、なるべく負担をかけなくてもイケる状態をキープしていると、休息期間を設けることなく、定期的にドライオーガズムを楽しんで頂けると思います(^^)





いつまでも最高のドライオーガズムライフを楽しんで下さい♪

皆様のドライオーガズムチャレンジ、お待ちしております(^^)




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは 

ドライ未達成の方向けのマッサージです♪

というお話になります。





私の施術は

アナル歴がまだ浅くドライオーガズムになっていない方

もしくは

アナルをやっている期間は長くても、前回からの期間が空いている方

アナルの感度の開発が進んでいる方でドライオーガズムにかなり近づいているけれど、何か後一歩が足りない(^^;;という様な方

に効果を発揮する前立腺マッサージとなっております♪  





逆に

アナル歴が長くアナル頻度の高い方

オモチャの長期使用SMなどの激しいタイプのアナルご経験歴の長い方

などにはアナルについた癖を取りながら、下準備をした上で(別記事参照)私の前立腺マッサージを受けて頂くと効果を発揮する可能性が高くなります。





以前の記事でも触れていますが、癖が強過ぎる人などは、

癖取りをするために

6ヶ月〜1年程休憩を取り、再度アナルの感覚が上がりやすくする為の仕切り直し

をして上手くドライオーガズムになった方もいらっしゃいます。





今までの経験からお話をさせて頂くと、

アナル歴の長い方

アナルの使用頻度が高い方

激しいタイプのアナル責めを受けていらっしゃる方

などに多いのは、

アナル自体の感度が非常に下がっているという特徴

があります。





かなりソフトにゆっくり時間をかけて触っていく前立腺マッサージになりますので、

最初は指が入っている感覚のみが長い時間続いてしまう事態

が考えられます。





時間の経過と共に感覚や感度に変化が出てくると良いのですが、なかなかその様な変化が出ない方が大半です(^^;;





アナルの受け方に上記の様な自覚がある方は、アナルの休息期間をしっかり設けてから前立腺マッサージを受けて頂くことをお勧めします。





前立腺マッサージの特徴としては、


【アナルの負担は最小限に、アナルの感度(気持ち良さ)は最大限に】


をモットーにしていますので、

初心者さんにも、非常に受けやすいタイプの前立腺マッサージ

になっています。





前立腺の刺激を受けたことが無いので少し怖さがあるという方

や、

過去に痛みが出て苦手意識がある方

などにも

ゆっくりお時間をかけてほぐしながら快楽を引き出していきますのでご安心下さい。





お逢いした時に、以前アナルが痛くなった経験がある事をお話して頂けると施術の仕方も更にゆっくりする事を心がける事が出来ますので、遠慮なくおっしゃって下さいね(^^)





初心者さんの場合やアナル歴の浅い方は、まずアナルの感覚をしっかり掴んで頂くところからのスタートになります。





感覚が掴めてくると、感度が上がりやすくなるだけでなく、自分で気持ち良さなどもキャッチしやすくなります。





初心者さんの方の場合は、何度かのステップを経てドライオーガズムの達成をされる方が大半です(^^)





1回や2回で達成される方は非常に稀なタイプ

で、

感度の良い方でも3〜5回

感度がそこまで敏感なタイプではない方の場合、

5〜10回程練習を重ねて初達成になる方も多いです。





ドライオーガズムの感覚自体は身体に馴染んでさえしまえば、1年、2年期間が空いてしまったとしても、施術を受け始めると身体が感覚を思い出してドライオーガズムになれる方が大半です(^^)



スキーetcと感覚が似ているかもしれません。
身体で覚えてしまえば、コツが戻りやすくなるような感じですね(^^)





まずは、慣れるまでドライオーガズムを味わって頂けるような身体に変えてあげることが大切です。





私の一番得意なジャンルは

ドライオーガズムになっていない方
(アナル初心者さん)を
ドライオーガズムという快楽に導いてあげる

という分野になります。





イケるような身体に変身してしまうと更なる快楽を求めて色々なジャンルに羽ばたく事が出来ますよ♪





興味はあるけれど、まだ未体験だという方は是非チャレンジしにきてみて下さいね(^^)




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

足し算より引き算

というお話になります。





巷には、実に色々な方法のドライオーガズム達成になれるようにするにはどうすれば良いのか!?という内容のネット記事やサイトやblogなどがたくさんあります。


その中の一つに私のblogを参考にして下さっている方もいらっしゃるかもしれません。  





私の基本的な考え方としては、

足し算より引き算

これに尽きます。 





もちろん、この考えに賛成ではない方もいらっしゃると思います。
そういった方にはこの記事は参考にならないので無視して下さいね(笑)





あくまでも自分の経験してきた施術をする立場からの考え方だと思っていただければと思います。





過去記事にも何度か掲載をしましたが、私の施術でアナルをドライオーガズムに導いていく時にモットーにしている事があります。


【アナルの負担は最小限に、
アナルの感度は最大限に】


このモットーを大切にしているので、

足し算ではなく引き算の考え方

にならなければアナルの

負担をかけ過ぎてしまう事になってしまったり

感度がドライオーガズム達成ではないタイプのもの

になってしまいやすくなります。





自分の中で、

明らかにハードな方がアナルの感度が良いという方

オモチャが好きだという方は

アナル責めのプレイ的な事が得意な女性で試して頂くか、

アナニーでご自身のアナルの感覚が上がるようにトレーニングをして頂くと良いと思います。





私の施術の流れは基本的に、


1.  シャワーで身体を綺麗にする


2.  湯船で身体を芯から温める


年間通して行います。

夏場でも、冷たい飲み物や、汗、冷房で身体の方が冷え切っていらっしゃる方が多いです。

この手順を省くと、この後に行う浣腸がなかなか上手くできません。





3.  お湯浣腸で腸の奥側の筋肉をほぐす事と、手前に残った便を取り除いておく


お湯浣腸についての詳細は別記事を参照して下さいね♪

こちらが上手くいくと、必然的にアナルの持ち時間がとても良くなるのと、
気持ち良いと感じる感度が出てくるまでのお時間の短縮に繋がります。





4.  お湯浣腸を出して頂いた後、再度湯船に浸かり、浣腸の残りがないかどうかチェック


お湯浣腸に残りがある方は、この時に再度便意が上がってくるので、
その際はもう一度お手洗いに戻って頂きます。

特に違和感や残便感が出なかった方に関しては前立腺マッサージを受ける前にしっかり身体を温めておくと気持ち良さが出やすくなりますよ(^^)





5.  ベットでリラックスした状態の中(大の字に寝てもらった状態)でゆっくりとした殆ど動きがないタイプの前立腺マッサージを始めます


前立腺マッサージまでの簡単な手順はこのような感じになります。





最初に便を出しておく…という行為自体も引き算の法則ですよね。





前立腺マッサージの施術が始まると、
かなりゆっくりとした、グリグリと動かしているような動きがないタイプの前立腺マッサージを休憩を挟みながら受けて頂きます。


前立腺マッサージ

休憩

前立腺マッサージ

休憩


という工程を何セットも時間をかけて繰り返していくと、
感度の良い方は前半の方から、感度そこまで良い人でなくても、
私のマッサージが身体に合う方は、後半にかけて少しずつ、自分のアナルに感じる感覚が変わってきます。





それが、
暖かく感じる…という感覚なのか、
ジーン、じんわりする…という感覚なのか…
また暖かくてじんわりするというMIXされた人もいらっしゃいます。





そのじんわり感や、暖かさの中に、気持ち良いという感覚が出てきてくれていると、
ドライオーガズムに向けて、第一歩進んだ事になります。





私の施術を受けたことのある方はよくご存知だと思いますが、私は前立腺マッサージをしている時は、


前立腺のみでのマッサージ】


を行います。





乳首とセットで触ったり、ペニスとセットで触ったり、玉とセットで触ったり…という事は一切していません。


ペニスと一緒に触る時と言うのは、射精のタイミングがきてからにしています。





ここでいう

足し算ではなく引き算

という意味合いは、施術の仕方が

前立腺のみで行っている

というところです。





この方法で施術をするようにしてから、

【アナルの感覚をアナルだけで感じる】

という事が出来るようになる方々が増えてきました。





私の元には、ドライオーガズムを目指しているけれど、なかなか達成に至らない…という

ドライ難民の方が来店される事が非常に多く

皆様、それぞれに気持ち良さが出てはいる様なのですが、口を揃えて

『ドライにはならない』

『ドライの感覚が分からない』

『ある一定の所で気持ち良さの限界を迎えてしまい、更に上っていくような気持ち良さが出ない』

とおっしゃられます。





そのような方々に、時間をかけ、
下準備もキッチリしないと難しいけれど、

今までとは違った感覚が出るようにする

には、前立腺マッサージを受ける時は

前立腺マッサージのみで受けるようにした方が良い

と思うのです。





また、下準備の方法から、
今現在のその方についている

ドライオーガズム達成を邪魔している癖

などがあれば、それを

取り除くには●●をした方が良い…、逆に●●はしないで下さい…etc、

その方のアナルレベルに合ったアドバイスをさせて頂いております。
リピートをお考えの方にはとても重要な要素になりますので是非参考にしてみてくださいね(^^)





個人的主観の考えで言うと、
ドライオーガズムを目指したい方で、まだ未達成の状態にある方は、

まずは

引き算の法則

にしたがって、

基礎になるドライオーガズム感覚を掴むこと

をしていただいた後、 

ドライオーガズムの感覚にしっかり慣れた頃

から

足し算の法則に切り替える

ようにした方が

確実に気持ち良さを実感、増幅

して頂きやすいと思います。





最終目標が、

アナニーであったり、

ペニバンでイキたいという方であったり、

SMプレイの様なハードな事をしてドライをやってみたい!という方

はたくさんいらっしゃいます。  





まずは


引き算で慣らしてから足し算に…】


が出来ると、最終的には
自分のやりたかった方法でのドライも夢ではありません。





そのためには基礎をしっかり身につけておくことが大切だと思います。





是非、ドライオーガズム未達成の方で興味のある方は一度、

究極の引き算で引き出されるアナルの快楽

をお試ししに来てくださいね(^^)      





その際は、別記事にある下準備もお忘れなく!

アナルの感覚の出方が下準備がある場合となかった場合では大幅に変わる可能性があります(^^)




皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしています♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪


















皆様、明けましておめでとうございます
(^-^)

ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)


現在、OPEに在籍しています♪♪

オフィシャルHP






今回のブログテーマは

ドライオーガズムに関するパーソナルトレーナー

です。



ん!?
なんじゃそれ!?!?
と思われている方もいるかもしれないですね
(笑)





そして、私と一度でもお逢いされた方は
ピン!!と来るものがあるかもしれません
(^^)                    





以前の記事でも少し触れされて頂いた内容になりますが、私は必ずお逢いさせて頂いた方に、

次回のリピート時までにしておいて欲しい下準備や、

日々の中で前立腺の感度を上げやすいようにするちょっとしたコツ

感度が落ちてしまいそうになる癖を取ってもらえるように癖取りの方法などを、

その方の穴(アナル)レベル(アナルの感覚や感度の出方)に応じてアドバイスをさせて頂いております。





もちろん、私のやっている施術を気に入って下さった方や、今までにはない感覚や気持ち良さが現れたのでこの方法で試してみよう!と思われた方がリピートのお客様になるのですが(^^)





さらなる成長をして達成に向かえるように、下準備や癖取りをして頂きながら、

毎回同じコンディションで施術を受けないという方法

で、なるべく

ドライオーガズムまでの最短距離を走って頂けるように

しています。





自分で言うのも何ですが、私が他の女性方と決定的に違うと思われる所がこのアドバイス内容ではないかと思います。





初めてお逢いした方には必ず、この説明をしっかりとさせて頂いております。


あくまでも 私のマッサージで受けて頂く事を前提にした場合、

まず4点のバランスを整えていく事 、

お湯浣腸の直前に、

お湯浣腸のご経験がある方にも、入れ方と出し方の特徴を必ず説明

させて頂いてから施術を行うようにしています。





その他、お部屋の準備中にお客様からの様々な疑問や質問に、お答えできる範囲で、実地体験から得たドライオーガズム達成にはこの方法が良いのでは??というような内容をお話しています。





ほとんどの場合、バランスや浣腸の説明の時には、ピン!と来ていなかった方が、施術が全部終わると良い悪いは別として、自分なりの答えが見つかります。





そこで確実に次回も同じような事をやってドライオーガズムの体験を是非やってみたい!
とおっしゃってくださるお客様には、

オリジナルの方法でドライオーガズム達成までお手伝い

をさせて頂いています。





たまにご自分のアナルの感覚を過信されている方もいらっしゃいますが、お店に何度も足を運んで頂くだけであったり、時間を長くするだけであったり、浣腸だけが上手くいく…というような一つだけ何かが上手くいっても、なかなかドライオーガズムという快楽は起きてくれないんですね^^;





4つのバランスについては別記事に詳しく掲載していますのであえてここでは触れませんが、
色んな条件(最低でも、この4つのバランスは整えていないと私の前立腺マッサージが前提になると厳しいです)が折り重なって、今までにはない強烈な快感というものが生まれます。





ミラクルな身体の方以外は少なくても2.3回、
少し感度が出てくるのが遅い方や、
身体に何かしらの感度を下げてしまう支障のある方(痔を持っている方、
ヘルニア持ちの方、
その他持病や常備薬が感度を下げてしまうような成分が含まれた薬を服用されている方etc)、
達成までの回数が多い方だと10〜15回のトレーニングで達成になる方もいらっしゃいます。





達成するまで練習したい!というタイプの方や、
なるべくなら2.3回でイケるようにしたい!!という方、
ドライになれたらラッキー位に考えておられる方etc…
実に様々なタイプの方が来られるので、その方のやりたい方向性で私の施術を続けられるかどうかは決めて頂けると良いと思います。





私はこういう方法もドライオーガズムチャレンジにはありますよ〜というスタンスで提供しています(^^)





もちろん、私の施術を気に入って下さり、この方法が良い!!と思って試して頂ける方には誠心誠意、施術をさせて頂きます。





是非、

ドライオーガズムに強い興味のある方

今までの自分のやり方だとなかなか成果が出ない方

少し変わった方法も試してみたいと思われた方

まずは試してみないと分からないところもあると思いますので、是非チャレンジしてみて下さいね。





新しい快楽を引き出してあげるお手伝いが出来れば光栄です(^-^)

皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

自分に合ったマッサージを受ける事が大切

というお話です(^^)





私も今までにお逢いした方々を思い返すと…   


1. 私のマッサージがとても合う方 


2. 私のマッサージでも気持ち良さが出た方


3. 私のマッサージでは気持ち良さが出なかった方


大体の方がこの3パターンのうちのどれかに当てはまる事が多いです。 





1番と2番の方は私のマッサージが身体に合う方なので、更に快楽を求めてチャレンジされる事は効果が出やすいと思います。


3番の方の場合、考えられる理由としては


1.そもそも前立腺マッサージの触り方がその方の身体(前立腺)に合っていない


2.その日の体調や気分で集中できなかった


という方が多いと思います。





1番の方の場合は、
私のマッサージの方法が身体に合っていないので、
他の触り方や方法を試してみるという方が良いという感じになります。





2番の理由だった場合は、
下準備を整えてから施術を受けてみると、
このマッサージが効果を発揮してくる可能性もあります。 





私も施術後にアナル(前立腺)の感覚の出方や、
感度(気持ち良さ)が上がったかどうか…聞いてみるのですが、
自分の状態を変えてトライした時に感覚の変わる方はこのマッサージでも気持ち良さが出てくるという事になります。





状況を変えても、感覚や感度(気持ち良さ)が出なかった場合他の前立腺が上手な方をお勧めしています。





前立腺マッサージやドライオーガズムを目指す時は、やっぱり自分の身体に合ったマッサージを受けて頂くのが一番の近道だと思うのです。





少し話題がそれますが、
例え話をすると
普通のマッサージを受ける時に指圧系が自分には合っているのか、
オイルマッサージが向いているのか…
というような感じで、
どちらも身体を楽にしたり、
血行や凝りをほぐす、
リンパの流れを良くする為に行うものですが、
自分に合っていない方法を選んでしまうと効果が発揮されないだけではなく、
逆効果になってしまうこともありますよね。





個人的なお話になってしまいますが、
私はオイルでないと絶対に揉み返しがきてしい、翌日…ひどい時は翌々日まで揉み返しやしんどい感じをひっぱってしまいます。



また、オイルマッサージを受ける時でもマッサージの強さが強いと全然効果が出ず、余計身体への負担になってしまうことが多々あります。





自分の経験の中で、この方法が自分の身体の体質には合うなと思うマッサージの仕方に辿りつくまでには色々な失敗や経験によって培われた部分が大きいです。





前立腺マッサージも、普通の全身マッサージと施術をする場所が違うだけで、マッサージには変わりありません。

特に快楽を引き出すことをメインに考えた場合は、
マッサージの強弱や、
指を動かさないタイプのマッサージが良いか、
かなり動かされているマッサージが良いかは人の感覚と好みにもよります。





私の行っている前立腺マッサージは
非常にソフトでほとんど動きのないタイプ
のものになります。  


どちらかというと初心者さんや、

アナルで痛かった思いのある方

強いマッサージや刺激だとアナルが疲れて(痛くなって)しまう

圧迫感が気になり気持ち良さの感覚に集中できない

もしくは段々気持ち良さが無くなってきてしまう

日によってはグリグリされると痛くなる

という方には向いている方法だと思います。





元々の考え方が
【アナルの負担は最小限に、アナルの快楽は最大限に】
ですので、
アナルにかける時間も ゆっくり時間をかけて快楽を引き出していくというスタイルになります。





アナルは慣れてしまうと時間をかけずにドライオーガズムになって頂く事が可能になりますので、それまではゆっくり慣らしてあげる事が大切だと考えています。


逆に言うと、
激しい動き(責め)でないと感じない

圧力が強くないと感じない

リグリされないと感じない

バイブの常用者

拡張やフィストなどのプレイが好きな方

には私の施術は向かないと思います。





過去の経験を思い出しても上記の様な方はなかなかアナルの感覚を掴んで頂くことが難しかったです。 


また、
激しいプレイは飽きてきたという方や、

アナルの気持ち良い時間が短時間になってしまう方

ドライになりたいので今までの激しさやバイブを使った方法から、ソフトな方法にやり方を変えたいという方

アナルをしばらくお休みさせてからのトライをお勧めしています。





ペニスとアナル責めの併用でアナルに変な癖が付いている方に対しても同様です。


最低でも3ヶ月〜6ヶ月、年月の長い方や、頻度の高かった方は1年くらいはアナルを休憩させてからの方がこちらの触り方でも感覚を得て頂きやすくなります。





最終的にはマッサージやアナル(前立腺)を触られる時にどのような種類が好きか…という個人的な趣味嗜好の部分が大きく関係してきますので、お好きなマッサージをしてくれる方が見つかるまでは色々な方で試して頂くのが良いと思います。





興味のある方は是非、前立腺マッサージを受けに来て下さいね(^^)

皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















↑このページのトップヘ