カテゴリ:ドライオーガズムについてのetc > 感覚/感度について

皆様、ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)



四つん這いの格好ではネコポーズが吉★

になります。




今回も施術中の新たなバージョンを加えたので、シェアしたいと思います
(^^)

こちらも、最近たくさんの方に試してみて実際に反響があったものを実践で取り入れていってます。




前回もお話の中にあった、

アナルが締まってくる

という状態が余りにも長く続いた場合に、私の場合施術する時の格好を四つん這いに変えて頂いてます。




以前までは、ただの四つん這いの格好で前立腺マッサージの施術を行っていました。


四つん這いの格好でも仰向けのマッサージの時よりは快楽も上がるし、
最初の方はアナルの緩み具合も良い感じだったりするのですが、
徐々に締まり具合が強くなってくる方々が初心者様やドライ未達成の方には多いです。




ご本人さん感覚でも、
気持ち良さが途中から止まってしまったり、
アナルの締まり感が気になり始めたり、
気持ち良さよりもアナルの疲労感が気になり始めたりしてきます。




感覚が
アレ!?!?
ってなってくるんですよね(;_;)




特にドライオーガズムに近づいていればいるほど、だんだん遠のくような感じだったり、一歩手前でずっと足踏みをしているような状態になってしまったりしてしまいます。




そのような方には、
快楽が上がったり
感覚が変わってきたと同時に、
背骨を猫ちゃんの伸びポーズのように反ってもらうように
アドバイスさせて頂いています。




その反ってもらう事により、少し奥の締まりが緩和されるんです(^^)
これは、発見でした!




快楽がある程度まで上がってきている方々に試してみた所、とても効果が高かったので、締まる方や、感覚に変化が起きてきている方々には、どんどん試していってます。




格好を変えただけで、上手く力が抜けて、ドライオーガズム達成した方もいらっしゃいました♪




今回は、施術中に試してみて効果絶大だった方法を新たにシェアしてみました。
こちらの方法も四つん這いの格好でアナルを触られる時に、試してもらえると今までの感覚との違いや気持ち良さの出方の違いが実感して頂けるかもしれませんので、是非試してみて下さい(^^)




皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)



湯船サンドイッチ

になります。




何のこと!?!?

ってなる方と、

あぁ〜アレね(^^)

ってなる方と分かれそうですね(笑)




私の施術を受けに来て下さっている回数多い方ほど、ご自身のアナル感覚で実感されている方も多いかもしれません。




気持ち良さが増してくる方々の中で、
一番快楽の邪魔をする身体の現象として一番多いのが、


アナルが締まってくる…


という現象です。




体験談でもよく出てくるワードになりますが、
本人の自覚がないケースが多く
自覚出来るレベルでの締まり具合になると、
私の中では致命的な締まり具合だ
(o_o)
という判断になる事が多いのです。




以前のブログにも書いたのですが、
基本的にアナルの締まりを上手くマッサージ中に緩めて頂けるようにするには、

お湯浣腸が大切

だというお話をしていたのですが、前立腺マッサージ前に行う下準備の為、前立腺マッサージが始まると、再度やり直しが出来ないんです(;_;)




マッサージ中は集中して受けて頂くか、寝る位までのリラックス状態になって頂きたいので、
浣腸のやり直しはマッサージが始まった後に行うことはありません。




後半になってくると、
どうしてもアナルの締まりが緩められなかったり

快楽が上がってきてはいるけれど気持ち良さに限界を感じる時や、

アナルの締まりが強過ぎて、アナルに負担が大きくかかると判断した時に、


湯船サンドイッチ


がとても有効である事に気がついたんです♪




最初はリピーター様を中心に試していたのですが、とても効果を実感できる方が続出したので、初めてお逢いさせて頂いた方にも取り入れていってます。




だんだん、新たに足したり引いたりしながら、効果的だと思われる方法に進化してます(^^)




湯船サンドイッチの方法やタイミングなどは、その方のアナルの具合によって変えています。

湯船サンドイッチが必要な方とそうでない方がいらっしゃるので、全員に必要になる訳ではないのですが、

リピーター様の場合はお時間が長くなる事もあり、後半にドライオーガズムに近づいたり、気持ち良さが上がってくると同時にアナルの締まりが強くなる方が多いので、湯船サンドイッチが必要になる方が多くなります。




初めてお逢いさせて頂く方でも、元々のアナルの締まりが平均よりも強い方や、初回からロングコースでご予約頂いた方などは、後半に湯船サンドイッチを必要とされる方もいらっしゃいます。




身体を改めて温め直すことにより、筋肉を緩和してあげやすくなります。

前立腺マッサージをある程度受けていた場合は、マッサージでの緩和と温め直すことによる緩和との相乗効果が期待出来ます(^^)




ドライオーガズム達成は、アナルが締まり過ぎていたり、疲れてきている状態だと、上手く快楽が乗り切れないドライオーガズムになってしまったり、何度も連続してイクようなドライオーガズムは難しくなります。




なるべく、

アナルに負担をかけずに快楽を持続させられるか

という所を大切にしている前立腺マッサージなので、どうしてもお時間がかかってしまいます。




感覚に慣れてもらえるまでは、少しお時間や下準備が必要になることをご了承下さい。

なるべく早く達成出来るように、
また達成後は
ご希望の場合、ご自身のアナニーでも達成出来るように、
日々研究を続けております(^^)




また、新たな発見があれば、施術の前後や下準備などに加えていく事もあると思います♪
皆様にもブログを通してシェアさせて頂きますので、楽しみにしていてください(^^)




皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

身体の方からスイッチを入れる


というお話になります。 





ドライオーガズムに導いていく為の道のりは大きく分けると何通りかの方法があり、私が個人的に考えているドライオーガズムに達成するまでの道のりは2つのパターンに大きく分かれていると思っています。





1.  脳内からスイッチを入れる方法


こちらのタイプは痴女責めやSM的なプレイに見られる『責め』や『責められている雰囲気』、『言葉責め』などにより、脳内に刺激を与えながら、スイッチを入れていく方法になります。
プレイタイプが好きな方は、こちらの方向性からのドライオーガズム達成を目指されると上手く達成への道のりが開けてくると思います。



2.  身体からスイッチを入れる方法


こちらのタイプは
1.脳内からスイッチを入れる方法
とは真逆のタイプとなります。
特に脳内をリラックスさせて、身体の感覚からスイッチを入れていく方法となり、半分寝ている位のウトウトとリラックスしている状態でアナルの感覚や感度の変化を掴みながらドライオーガズム達成に導いていく方法となります。





脳内からドライオーガズムに導いていくタイプとの大きな違いは前立腺の触り方に動きがあるかどうかという所、興奮した状態かリラックスした状態かという違いなどが特徴としてあげられます。





特にドライオーガズム予備軍の方々は、特徴を上手く掴んでご自身の方法に生かして頂きたいと思います♪





どちらの方法も正解なので、どちらかが悪いということはありません。
ただ、自分の今のアナルの状態に合うかどうかは関係してきます。





私の前立腺マッサージの施術を使ってドライオーガズム達成までを迎える方々は、
今日のテーマにある、身体からスイッチを入れる方法によってドライオーガズムを経験されます。





個々人のアナルのレベルや、経験値、癖がついている、ついていない、施術タイプが好みの方、アナル責めの様なプレイタイプがお好みの方etc、好みや合う合わないが分かれてくると思いますので、まずは自分がやってみたいと興味を持てそうなタイプからお試し頂けると良い気がします。





Aタイプ、Bタイプ、Cタイプ、Dタイプ…と色んなタイプの前立腺アプローチを体験していくと、自分に合った方法がご自身でなんとなく分かってくると思います。





色々試してみて、


プレイタイプではどうもドライオーガズム達成までは難しいと思われた方

ドライオーガズムには興味があるけれど、アナル責めや、責められている雰囲気が苦手な方

前立腺責めやアナル責めは嫌いだという方


etcは、私の行なっているような

リラックスした空間で行うソフトな前立腺マッサージ

がお好みかもしれません。





今まではあまり好みではなかった、興味がなかったので前立腺マッサージ(リラックス系)の経験は無かったけれど、アナルの反応や気持ち良さはこちらのタイプの前立腺マッサージで受けた方が良かったと言って下さった方もいらっしゃいます。





もちろん、逆のご意見で、今まで前立腺マッサージ(リラックス系)の経験が無かったので、興味があって施術を受けてみたけれど、自分の思っているの感覚より感覚の出方が小さかった、気持ち良さはプレイタイプの方が自分には合っている気がする、という方もいらっしゃいました。





この方法が合うか合わないか分かっただけでも、ドライオーガズムを目指していく際に、方向性を決めやすくなると思います。

興味のある方は是非、試してみて下さい
(^^)
皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしています♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

アナルが締まりやすくなってしまう原因


というお話になります。 





私がお逢いさせて頂く大半の方は、前立腺マッサージ時にアナルの締まりが出てくる事によって、ドライオーガズムに近づいてきていても、イキきれない方がとても多いです。





自分でアナルの締まりを自覚されていない方が多いのも特徴だったりします(;_;)


アナルが締まってしまう原因はいくつか考えられる要素があるのですが、今日は何点か代表的なものを例に挙げてみたいと思います。





1. 排便時に気張って出す癖がついてしまっている方


軟便の方や便秘気味の方に多い傾向がありますが、普通便の方でも気張って出してしまう傾向が強い方は、前立腺マッサージの時のアナルの緩みが出て来るまでに時間がかかりやすい傾向があります。
どうしても、アナルの力が時間の経過と共に緩みにくいタイプの方などは、排便時に気張らず自然に便が出せるように整腸剤などをお勧めさせて頂いております。
この方法は浣腸を上手く受けて頂けるようになるという面でもおススメ出来ますので、気張る傾向がある方はお試し下さい(^^)





2. 立ち仕事や座り仕事の方


これは職業病的な所も大いにあると思いますが、立っている事や、座っている事に偏った生活環境の方は、やはりアナルの締まりが出て来やすい傾向がございます。
お仕事でどうしてもそのような状況から抜け出せない方もいらっしゃるので、前立腺マッサージ前のお湯浣腸を最大限に活かしていく事が必要になってくると思います。
後は、意識的にアナルの力を抜く練習もして頂けると実際のマッサージの時に抜けやすくなると思いますよ♪





3.頻繁にゴルフや筋トレをされている方


こちらの方々もアナルの締まりが出やすい傾向があります。
趣味の世界なので、そちらはそちらで楽しみつつ、2番の項目同様、お湯浣腸でしっかりとアナルをほぐしてあげる必要があります。
時間の経過と共に締まりが緩んでくる方は、少しお時間がかかりますが、ほとんど問題なく前立腺マッサージを受けて頂けると思います。





なんとなく、ご自身の生活習慣の中に当てはまる項目がある方は、少し意識的に注意してもらうだけでも、結果は変わってくると思いますので、ドライオーガズム予備軍の方は是非参考にしてみて下さいね(^^)





皆様のドライオーガズムチャレンジ、お待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

ペニスとアナルの関係はシーソー


というお話になります。 





本日は、アナルの感覚についての所を個人的見解で紐解いていきたいと思います。

※あくまでも私の前立線マッサージの施術を実践していく中で発見した感覚になります。
感覚にはかなりの個人差があることをご了承ください。





私の施術を受けにきて下さった方でよくある状況なのですが、深いリラックス状態で前立線マッサージをお受け頂くと、アナルの感覚や感度(気持ち良さ)が上がった方も上がらなかった方も、共通してある事が起きやすくなります。



ペニスの感覚が鈍るのです…





この感覚はまだ経験された事のない方は不思議に感じられるかもしれませんが、特に私の推奨している、


【心身共に深いリラックス状態での前立線マッサージ】


を受けて頂いていると、アナルの感覚や感度(気持ち良さ)は比較的現れやすいのですが、ペニスの感覚は鈍ってしまう、人によっては射精できない方もいらっしゃいます。





人によって、アナルの感度(気持ち良さ)が明らかに上がって、ペニスの感覚が鈍ってしまい、


【普段のペニスを触られている時と感覚が違い過ぎる】

【全く触られている感覚がなくなってしまう】

【射精しそうだという感覚が出てこない】

【射精をしたとしても射精感の感覚がほぼなくなってしまう(いつ射精したか分からないような状態)】


というアナルの気持ち良さが出ながらペニスの感覚が鈍感になってしまう方や、上記のような状態になってはいるけれど、特にアナルの感覚に変化が出ている訳ではないという方といらっしゃいます。





もちろん、アナルの気持ち良さが強く出ている状態でペニスの感覚が鈍ってしまう方が、明らかなアナルの気持ち良さが出ているので、個人的な判断になりますが、ドライオーガズム達成に近づいている状態になっていると言えます。





タイトルにもあるように、

ペニスとアナルの感覚や特に感度(気持ち良さ)は相反する関係にあると私は個人的に認識しています。

特にドライオーガズム未達成の方や、アナル初心者様、逆にアナルの感覚に癖がつき過ぎている方については、この関係性が強固である事が多い気がしています。





簡単に記すとしたら、下記のような状態と言えます。



射精⇔ドライオーガズム



コレを私の前立線マッサージをする時の状態に当てはめると、



興奮⇔深いリラックス



神経系で置き換えると、



交感神経⇔副交感神経



アナルの遊び種類で分けると、



アナル責め⇔前立線マッサージ



となる訳です。





このように見ていくと、ペニス側とアナル側のスイッチが対極にあるものだと理解していただきやすいのではないでしょうか。


射精                             ドライオーガズム
興奮               ⇔           深いリラックス                 
交感神経                      副交感神経
アナル責め                  前立線マッサージ


このような関係性が強固であればあるほど、2つを混ぜるとドライオーガズムにはなかなか近づけないといったようなことが起き得やすくなるという感じです。





今回はかなりマニアックなお話になりますが、射精とドライオーガズムの関係性を私はこのように捉えているので、心身共に深くリラックスしながらの前立線マッサージをお勧めしています。





感覚のバランスが上手く取れていない最初の方は、どちらか一方の感覚が強くなればなるほど、どちらか一方の感覚が下がりやすくなるという現象が起きやすくなります。





私は前立線マッサージからドライオーガズム達成に導く事が得意なので、なるべく興奮や射精に近づきやすくなる状況を避けてアナルの感覚や感度(気持ち良さ)を最大限に引き出してあげられるように施術を行っています。





この文面をお読みいただいている時点で、リラックスからの快楽に興味はないと言われてしまえばそれまでなのですが、脳内の興奮状態がドライオーガズム達成を遠ざけている場合も多々あります。





未達成の方の場合は、

アナル(前立線)責めとアナル(前立線)開発(ドライオーガズム)は別物

と思っていただけたほうが理解をする上ではしっくりくるかもしれません。





いわゆるドライ難民と言われるような、


アナルの気持ち良さは出ているけれど、ドライオーガズムになる気がしないという方

ドライオーガズムになることは諦めかけているという方

惜しい所まできた時にペニスを同時刺激されていて射精に至ってしまうという方

アナルだけで惜しい所まで出来ていると思うけれど、今ひとつイッた感覚が分からない方

ドライオーガズムになったという感覚が自分の思っている感覚よりかなり弱いという方


etc…


今までの方法では、なかなか前立線開発が進んでいるという感覚を得られなかった方なども、頭の認識と前立線開発の仕方を変えてあげることで、好転することもありますよ(^^)





あくまでも、私の施術方法も色々とある前立線マッサージの種類の内の1種類と思っていただけると良いと思います。





前立線マッサージの施術方法と相性の合う方は初回からアナルの感覚や感度(気持ち良さ)に変化が現れているので、前立線開発をしたい方や、ドライオーガズムを目標にされている方は、この関係性があることも一つ参考にしていただき、色々な方法でチャレンジされてみると、新たな感覚を掴みやすくなれると思います。





次回は、もう少し掘り下げて、アナルの感度(気持ち良さ)スイッチの入れ方の種類についてお話したいと思います。





マニアックなお話を最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^)





ドライオーガズムに興味がある方や、ブログから興味を持ってくださった方も是非チャレンジしてみてくださいね♪

皆様にお逢い出来ることを楽しみにしております(^^)




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















↑このページのトップヘ