皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

腰振り厳禁


というお話になります。 





ドライオーガズムを目指していく段階でいくつかの危険行為がありますが、その中の一つが腰振り厳禁という項目になります。





何故!?と思われる方も大勢いらっしゃるかもしれませんが、あくまでもドライオーガズムを前提として考えた場合はそのようになるという意味合いで掲載しております。





が、アナル責めの時にも危険度は更に増してしまうと思われるので、アナルに負担をかけることなく、ドライオーガズムをチャレンジしたい方は注意された方が良いでしょう。





過去の私の実体験でも危ないと思った事が何度かありますが、腰振りや腰が動いてしまう方には概ね大きく分けると2パターンある気がしております。





パターン 1

気持ち良さが上がってくると自然に腰が浮いてしまう方


このパターンになられる方はあまりご自身では意識していない所で勝手に身体が反応してしまっている方が多いので、逆に意識的に動かないようにしてもらわないと危ないことになってしまう事が多いです。





パターン 2

気持ち良さとは関係のない所で自分のテンションを上げるために腰を振ってしまう方


こちらのパターンの方はどちらかというと、気持ち良さとは関係のない、自分自身のテンションや、腰を振ることにより、責められている自分を更に演出しているという感じの方です。
当てはまる方、けっこうたくさんいらっしゃるかもしれませんね。


特に、前立腺マッサージよりは、アナル責めを中心に受けていらっしゃる方々に多い傾向です。
脳内のスイッチが入ると急にこちら側に切り替わる方もいらっしゃると思います。


元々のアナルが頑丈な方は、耐えられる事もあるかもしれませんが、個人的にはマイナス要素の方が大き過ぎる為、おススメ出来ません。





ここでいう危ないとはどういう事か??と言うと、前立腺を触っている指やオモチャが思わぬところを突いてしまい、怪我や、前立腺やその周りを傷つけてしまう可能性が上がってしまう事が問題なのです(*_*)





一度、傷つけたり、怪我をさせてしまうと、完治までにお時間を要してしまったり、人によっては前立腺の感度が悪くなってしまう方もいらっしゃいます。
また、良い感覚になってきた頃合いで、前立腺の感度が落ちてしまう、違和感が出てくるという方も過去にいらっしゃいました(>人<;)





せっかく気持ち良さが分かってくる段階まで開発が進んでいても、マイナススタートに逆戻りになる方もいらっしゃいます。
気持ち良さが上がるまでに積み上げてきたものが全てパーになってしまうんです
(>人<;)





そんな勿体ない話はないので、皆様、腰が動いてしまいそうになった時は少し深呼吸して落ち着いてみましょう。
焦らなくても、じわじわと訪れる快楽も捨てたもんじゃないですよ♪





1人1つしかないアナル、くれぐれも大切に扱ってあげてください(^^)





アナルの快楽に興味のある方、ゆくゆくはドライオーガズムを経験したしたいと思っていらっしゃる方、正に今チャレンジ中だという方も是非チャレンジしに来てください(^^)





その際に、出来る限りの下準備をしてきて頂けると、今までとの感覚の違いを感じて頂ける確率が格段に上がりますよ(^^)





皆様のドライオーガズムチャレンジ、楽しみにお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪