カテゴリ:ドライオーガズムについてのetc > アナルについて

皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

アナル性感帯のエトセトラ


というお話になります。 





一言で【アナルの性感帯】と言っても、分けていくとけっこう細かく、また個人差もかなり出てくると思います。

そこがまた、深いので面白いところなのですが(^^)





私は個人的に、【アナルの性感帯】のなかでも《前立腺マッサージ》にとても興味が強く、《ドライオーガズム》という快楽を体感して頂けるように施術を行うことを仕事にしています。





今日はアナルの感覚が手前と奥にあり、ドライオーガズムに導く為の快楽スポットは、手前にある《前立腺》の方ですよ、というお話をしたいと思います(^^)





最初はもちろん講師の方について教わっていた時期もありますが、人の身体なので、公式通りに進まない事の場合がほとんどです。

教えてもらった通りのアナルばかりに出逢えれば良かったのですが、そういう訳にもいかず(笑)





自分でも触った時のアナルの入口や奥の感触、アナルの筋肉の強弱(元々の状態からお湯浣腸後の状態etc)、アナルの癖があるのかないのか、元々のお腹の調子が体質的に良いのか悪いのか、運動はされているか、アナル歴はどうか、etc…





自分の中でその方のアナルをドライオーガズムになるには??というしてんから判断させて頂く際に指標にしている項目が何項目もあります。





初めてお逢いした日にある程度カウンセリングのような事はしていますが、2回目や3回目のリピート時に気づく事や、その時に初めて話して下さった内容などがあったりもするので、全体像を把握していく為にも、私の施術を気に入って下さった方には、最低でも1回目を除いて、後2.3回はお逢いさせて頂くのが望ましいです、とアドバイスさせて頂いております。





前立腺マッサージを進めていく中で、たまに奥の方が気持ち良さが出ると仰られる方がいらっしゃるのです。





そう言った方々は大概、

●アナルのオモチャが大好き

●普段のプレイは拡張系や、太いバイブやペニバンなどをSMプレイのようなアナル責めで楽しんでいる

●アナニーをやり過ぎているアナニー自体が大好きな方
(頻度や入れる物が太かったり、バイブ機能があるものを使用されている)


が多い傾向にある気がします。





ここで言う、アナル奥の方が気持ち良く、手前にある前立腺はそこまで気持ち良さが上がらないという方の場合、感じている場所は【アナル】
なのですが、《前立腺》が気持ち良くなっている訳ではないんですね。





少し話が逸れますが、

女性の快楽で

《Gスポット》

《ポルチオ性感帯》

という場所を聞いたことがありませんか??





一般的にオーガズムを感じやすい場所の代表として《Gスポット》は挙げられる事が多い箇所ですが、特に出産経験のある女性が開花しやすいと言われている《ポルチオ性感帯》は子宮の入口付近にあるかなり奥にある性感帯で、開発される前の段階ではその場所に刺激を受けると痛いと感じる女性が多いと聞いた事があります。





男性もこの感じと似たような状態が起きるのです。
アナルは出産などしませんので(笑)、その方のそれまでやってきたアナルの歴史によって、開花している方とそうでない方がいらっしゃいます。





私の個人的解釈では、


女性《Gスポット》→男性《前立腺


女性《ポルチオ性感帯》→男性《アナル奥の性感帯》


という認識でいます。





ただ、

【ドライオーガズムの快楽を知りたい!!】

と、思っていらっしゃる方で、奥は気持ち良さがあるけれど、前立腺や手前の方は快楽がよく分からないという方は、開発する場所を増やさなければなりません。





奥の部分は開発済みの方の場合、多くの方はアナルに癖がついている方の場合が多いです。

その癖を取る【アナルの癖取り】から始めなければならないのですが、多くの方の場合、その癖取り期間が長くなってしまうパターンが多いのも事実です。





この記事をお読み頂いて、

『あっ!!ソレってオレの事やん』

と思われた方は、私の前立腺マッサージの施術方法でドライオーガズムを目指す事になると、相当の覚悟が必要になります。





今はアナル責めが好きだし、特に前立腺マッサージには興味がないという方には、この記事は役に立たないと思うのですが、

最近ドライオーガズムの方に興味がシフトしてきたという方

アナル責めはアナルが疲れてしまうので少し苦手という方

強い刺激を受け過ぎて感度が下がってきたと自覚のある方

アナルを大事にしたいと思っている方etc

少しお時間を要してしまうとは思いますが、前立腺マッサージの方向にシフトして頂いても良いかと思います(^^)





詳しいお話はお逢いさせて頂いた時にしていますので、少しでも興味を持たれた方、現状のアナルの感覚では満足出来ない方は是非チャレンジしに来てみて下さいね(^^)

皆様にお逢い出来る日を楽しみにしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

アナルの不具合は完治してからのトライが望ましい

というお話になります。 





この項目に関しては昔からアドバイス内容として行っているものになりますが、実際の施術体験からもアナルの不具合は完治させてからドライオーガズムのチャレンジをされた方が格段にドライオーガズム達成率は変わってきます。





アナルの不具合で一番身近なもので多いのはやはり【痔】ではないでしょうか。

私の所にもよく、痔を患っているのですがドライオーガズム達成できますか??という方が来られます。





この辺りの判断は、人によりますが私の施術方法の場合、前立腺マッサージをしている時間が最低でも2時間、平均するとドライ未達成の方を対象とした場合、最低でも3時間はアナルだけのマッサージを受けれるようにチャレンジをして頂くことになるので、アナルの入口や前立腺付近の中の状態もその時間のマッサージに耐えられるようにしておく必要があるのです。





比較的楽にマッサージを受けて頂けるように、マッサージ自体は非常にソフトな触り方を採用していますが、不具合が残ったままの場合、気持ち良さが出てきても、その不具合の部分の感覚も気になってしまったり、少し痛みを感じたり、気持ち良さがある一定以上に上がらなかったりすることが多々あります。





実際の痔の症状は比較的軽いものであっても、前立腺マッサージを受けるという前提になると、普通のアナルの方以上にアナルに負担がかかってしまうという事は避けられません。





更に、痔と並行して、アナルの別の不具合などが出ている方の場合は、ドライオーガズムになるのは非常に困難になってしまいます。
入口が切れている場合や擦れている場合etcも、お湯浣腸を受けて頂く時に不具合が出たりすることがあります。





特に脱肛気味である方の場合などは、手術を受けられた後、しっかり完治してからの方が良いと思います。





実際に手術で完治をさせてからの再トライでドライオーガズム達成された方々が何人もいらっしゃいます。





あくまでも私の個人的にやっている施術方法を対象とした場合は…
というお話になりますが、他の方で試される時も、やはり痔の部分や脱肛の部分が気になる事はある可能性の方が高いと思います。





また、自覚はないけれど痔の予備軍の方も普段の便を出す時には注意をして頂けた方がドライオーガズム達成には近づきやすくなると思いますので、

【便をする時に気張らずに出す】

という練習は常々やっていても損はないと思いますのでオススメの方法です(^^)

気張らずに出すことが上手くいきやすいという理由で整腸剤(ビオフェルミンetc)を普段の生活に取り入れて頂くこともお勧めしています♪





比較的、アナルの不具合や、痔のような症状をお持ちの方の場合、完治させるか、完治に近い状態にしておくとアナル開発はしやすくなりますが、アナルの不具合でもアナル開発がしにくいタイプの不具合もあります。





それは直接前立腺に症状が出ている場合です。


代表的なものには前立腺癌(治療後も含め)、前立腺炎、前立腺肥大etc…


特に炎症が起きている時は前立腺に触れただけで違和感が普通以上に強かったり、その違和感が時間の経過と共に薄れてくる事もなく、人によっては最初に触れた時から痛みが出たりすることが多いです。





こちらに関しては完治してからもアナル開発に時間がかかる方も多いので、気長にチャレンジして頂く必要があります。





前立腺ガンになられて、手術完治した後に施術を受けに来られた方もいらっしゃいますが、前立腺マッサージをした時の前立腺に現れる感覚が健常な方と比べると非常に弱い感覚でした。





その方は下準備もバッチリしてきて下さっていたので(下準備に関しては別記事を参照してください)、非常に残念がっていましたが、かなり時間がかかると思うので、それでも良ければまたチャレンジしてください、とアドバイスをさせて頂いた記憶があります。





やっぱりある程度チャレンジされた時に、ドライオーガズムに少しずつでも近づいているという状態を自身の身体で感じることが出来なければ、諦めてしまったり、やる気が削がれてしまうと思うのです。





アナルに不具合のある方で、なるべくドライオーガズムに近づくまでの期間を短縮したい方の場合、完治かそれに近い状態にされてからのトライをオススメします(^^)

今、アナルの不具合も気になっているという方は、是非参考にしてくださいね。





皆様のドライオーガズムチャレンジをお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

寒い季節に気をつけて頂きたいこと

というお話になります。 





だんだん寒くなってくる季節になってきましたね。

私は夏より冬の方が苦手なタイプですが、皆様はいかがでしょうか??





今回はこの季節にドライオーガズムチャレンジをされる方には気をつけて頂きたい項目がいくつかあります。
上手くコントロールして頂けると良い結果に繋がりやすくなると思いますので、参考にしてみてくださいね(^^)





1. 身体を冷やさないこと


身体が冷えていると、浣腸が上手くいかないだけではなく、アナルの感度も上がりにくくなったり、アナルの入口や奥の痛みが出やすくなってしまう方もいらっしゃいます。



基本的に、アナルの中の筋肉は緩めた状態で行うマッサージになりますが、身体が冷えていると、アナルの中の筋肉を緩和するのが難しくなる方が多いです。



1年通してお湯浣腸の前と前立腺マッサージの前には、少し湯船で身体を温めた状態にしてからにしておりますが、身体が冷えすぎていると湯船に浸かって頂く時間も長くなります。





2. 飲み物の温度は温かいものを飲むこと


こちらも上記の内容と同じく、身体の内部を冷やしてしまう事に繋がるという理由からお勧めしています。



温かい飲み物が苦手な方は、せめて施術を受ける日だけは常温のものにして頂きたいと思います。





3. 風邪をひいている時はNG


特にクシャミや咳が出ている時とお薬の服用をされている時は注意が必要です。



両者とも効果が出ないだけではなく、逆効果になってしまうこともあります。



クシャミや咳をされている時は、前立腺マッサージが出来ません。



ポイント以外の部分を強い刺激で突いてしまう危険がある為、お勧めできません。



まだ、少し咳が残っていて…というような状態の場合はしっかり完治してからのチャレンジをお勧めします。





上記の内容に気をつけてくださっていると、大きな失敗を起こすことは確率的に下げることが出来るようになります。





特に寒くなる季節は、身体の内部の温度が下がったままだと、事前準備として前立腺マッサージの施術前に行っているお湯浣腸を上手く受けることが出来なくなってしまう可能性が高くなるので身体はなるべく外からも内からも冷やさないようにしておく事が大切になってきます。





特に、ドライオーガズム未達成の方の場合、少しでも達成に近づきやすくなる為に出来る限りの準備はしておいた方が万全です(^^)





別記事に記載をしている

4つのバランス
⇩⇩⇩⇩

であったり、

2時間以上前にお食事を済ませておく
⇩⇩⇩⇩
2015.07.22
『お食事のタイミングと飲み物の温度


http://ryoudrylabo.blog.jp/archives/1034400602.html


であったり、

普段の便を出す時から気張らないように出す
⇩⇩⇩⇩
2015.10.02
『アナルは締まり過ぎないように生活習慣から気をつける

http://ryoudrylabo.blog.jp/archives/1041316718.html


etc

色々な準備のバランスが上手く整っていると、より早く身体の感覚の変化を感じて頂きやすくなりますので別記事も参考にして下さいね♪





皆様のドライオーガズムチャレンジ心よりお待ちしております(^^)





※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)


現在、OPEに在籍しています♪♪

オフィシャルHP






今回のテーマは

雰囲気で遊びたいタイプの方はアナル責め、
快楽追求で遊びたい方はアナル開発

というお話になります。





最初の方にも

アナル責めとアナル開発の違い

については記載をしていますので、そちらの記事も参考にしてみて下さいね。





私が今所属しているお店は


という所ですが、この世の中にはこちらのグループ店以外にも実にたくさんの、性感店、性感エステ店、M性感店、SM店とアナルを触ってくれるお店がたくさんあります。





お店によっては、前立腺マッサージやお湯浣腸がオプションになっていたりする所もあったり、逆に性感系のお店ではない普通のヘルス店やソープランドなどでも女の子によってはアナルを触ってくれる人がいたり…というようなお話もお客様からよく聞きます。





アナルに興味を持って、お店に足を運び始めたキッカケは皆様それぞれだと思います。





今回は特に


アナルの遊び方
(大きく分けると2種類あります)


についてのお話をしようと思います。





アナルを触ってもらえるお店に足を運ぶ時に、お客様にとって重要なポイントとなる

『何をしてもらいたいか!?』

という部分が重要になると思いますが、私の所属しているお店でも、やはりお客様のアナルへのご要望パターンは大きく分けると種類が2種類に分かれます。





1.ドライオーガズム達成を望む方


2.ドライにならなくても良いからとりあえずアナルを触って(責めて)欲しい方





1番タイプの

ドライオーガズム達成を望む方

は、

アナルを触られる時にアナル開発という種類の触り方

をされないと、
なかなか希望されているような

ドライオーガズム達成!

という所に辿り着くまでに時間もお金も労力も使い果たしてしまいます。





2番タイプの

ドライにならなくても良いからとりあえずアナルを触って(責めて)欲しい方

は、

アナル責めが得意という方や、アナル用のオモチャetcをたくさん持っている方と遊ばれた方が楽しく遊べると思います。

グリグリ触られる事や、強い刺激が好きな方、アナル系のオモチャが好きな方などはこちらの部類に入ると思います。

こちらのタイプの方は私の様なドライオーガズムのマッサージ専門というようなタイプの女性は不向きになるかと思います。





一番厄介なのが、ドライオーガズムを望んでいるのにも関わらず、アナル責めやオモチャでのプレイを受けていらっしゃる方です。

プロフィールをしっかり読まずにすぐ行ける女の子や、フリーで入られたりしている方などはこの傾向が強いと思います。





また、人によってはアナル責めのままでも、いつかドライオーガズムに達成すると思い込んでいる方がいらっしゃいます。





もちろん、
絶対にならない!とも断言出来ませんが、確率論で話をすると、
非常に時間がかかってしまうか、
惜しい所でイキきれず、
アナルが疲れてきてしまったり、
人によっては痛みが出てきて中断せざる終えなくなる方もよく聞きます。





更に、何かしらの情報で、少し位痛みが出た方がドライオーガズムに近づいていっている証拠ですよ…というような事を信じている方もいたりして、驚く事もしばしばあります。





あくまでも、アナル責めでドライオーガズム体験が出来るようになるには、
まずリラックス状態でのベーシックなでドライオーガズム経験者でないと、なかなか感覚を掴むのが難しいと思います。





そこそこアナルの経験があったり、アナルが気持ち良いけれど、
ドライオーガズムでイッた感覚が分からないという方などに多いお話ですが、
最終的にアナル責めやオモチャでのドライをご希望の方には、
まずドライオーガズムになるという状態を身体で覚えて、慣れきってしまってから、徐々にやり方をシフトしていく方法をお勧めしています。





リラックス状態での前立腺マッサージは特にアナル責めをたくさん受けてきた方々にとっては、
手持ち無沙汰な感覚になってしまって、最初は慣れないと思うのですが、
アナル責めやオモチャの方法しか知らない方に、自分のオリジナルで編み出した、お湯浣腸の後に行う前立腺マッサージの施術を受けてもらうと、
今までに感じていた感覚とは違った感覚になりました、と言って頂ける事が多々あります。





まずは、こちらの種類の快楽を引き延ばしてあげる事がドライオーガズムに向けての近道ですよ(^^)とお話すると、最初は不思議そうにされていますが、2回、3回と回数を重ねる毎に、ご本人様の感覚で違いを実感して頂けています。





最初からアナル責めが好きな方などはこの記事は無視して下さいね。


あくまでも


ドライオーガズムを目指したい!


ドライオーガズムに興味が強い!


一回、アナルでの強烈な快楽を追求してみたい!


という方向けに書いている記事になりますので(笑)





アナルは順序ややり方(触られ方)を間違えると、

途端にアナルの感度が鈍ったり(徐々に鈍くなる方もいます)、

人によっては病院に行かなくてはならないようなアナルの状態になってしまったり(過去に聞いたお話でよくあったのが、痔になってしまった、前立腺炎になってしまった…というようなお話がありました)、

せっかく気持ち良くなろうと思った所に色々と支障が出てしまう事もあります。





ドライオーガズムご希望の方で、

『アレッ!?もしかしたら自分の今までの遊び方は間違っていたかも!?!?』

と思われた方は、是非リラックス空間でゆっくりと時間をかけながらジワジワ感じる前立腺マッサージの施術を受けに来てみて下さいね。





もしくは、今まではアナル責めやオモチャばかりだったけれど、最近ドライオーガズムの方に興味を持ち始めた…という方も是非試してみて下さい(^^)

皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

年齢が若い方も準備をしっかり整える事でドライ達成しやすくなる

といった内容です(^^)





ん!?年齢??
関係あるの!?!?

と思われた方もいらっしゃると思います。





以前の記事にも書いたのですが、ドライオーガズムを目指される方に関しては、
年齢が40歳以上の方の方が感度は上がりやすい
ドライオーガズム達成になりやすい傾向にあります。





あくまでも自分のやっている前立腺マッサージが大前提でのお話にはなりますが、
お若い方は、40代以降の年齢の方と比べるとどうしても アナルの感覚や感度を掴み始めるまでに2〜3倍のお時間がかかってしまう事が多いです。 





基本は3回のリピートまでにドライオーガズム達成に導いてあげれるようにしたいと思っていますが、
ドライオーガズムを体験する為のピッタリのタイミングに来ていないアナル年齢の方や、
年齢自体が若い方などはこの回数の 2〜3倍 、人によっては4〜5倍かかってしまう事もあるのです。





基本的には

3回以内での達成

か、

達成に近づいている感覚がない場合

アナル開発時期の見直しを検討していただく事をお勧め

させていただいております。





変わるか変わらないか分かりづらい状態でずっとチャレンジされるより、しっかりと1歩ずつの前進が見込める、もしくはそうなる可能性が高い時期にドライオーガズムのチャレンジをされた方が、達成までにかける時間や金銭的、身体的労力が軽減されます。





また、タイミングではない時期に無理にアナルをいじり過ぎた挙句、一番ドライに適した年齢に達した時に、アナルの感度が落ちてしまっている方なども過去に何人も見ています。





どなたにもアナルへの負担を少なく、気持ち良さは最大限に感じて頂けるようになってもらいたいと思っているので、私の場合、他の女性方とは 少し違った前立腺マッサージの方法で試させて頂いております。





稀に、年齢的にお若い方でもアナルの感度が元々良かったり、今までの経験でアナルの感度が気持ち良くなる所まで開発済みの方の場合、別記事に掲載しているような4点のバランスを整えるようにしっかりと下準備をしていただくと感度が上がる事もあります。





実年齢でお話をすると、今までの自分の経験談でドライオーガズム達成者の最年少の方は23歳の方になります。
逆に一番最年長の方は70代前半の方になります。





比較的、40代より50代、50代よりは60代の方の方がアナルの感覚を掴んでいただきやすい傾向があります。

気持ち良さの方も、

精子の溜まり具合アナルのほぐれ具合(お湯浣腸が上手くいくかどうか)

マッサージ中、

リラックスした状態でアナルを緩めたまま前立腺マッサージを受ける事が出来るかどうか

で感覚や感度はかなり変わってきます。





どの年代の方にも必ずお逢いした方に、
リピートされる際には下準備をお願いします…とお伝えしています。


下準備のアドバイスはその方の身体を触った後なので、アナルの感度を上げていく、もしくはドライオーガズム達成に近づくためにその方に合いそうだと思われる下準備を細かくアドバイスしています。


基本は、この下準備が整っていないと私のマッサージは効力を発揮させる事が難しいです。





20代、30代前半の方などは、ご自分の今のアナル感度がどれ位なのか気になるという方は下準備をしていると、ある程度今のアナルレベル(穴レベル)はご自身でも判断していただけると思いますよ(^^)





特に、こちらのblogを見た事をキッカケにお店に足を運んで下さる方は、新たな快楽の虜になれるよう、是非下準備をバッチリにしてから来てみて下さいね。 





皆様のドライオーガズム達成へのお手伝いが出来ることを楽しみにお待ちしております(^^)




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















↑このページのトップヘ