2018年04月

皆様、ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

Q & A No.5 将来、自分でドライオーガズムが出来るようになりますか??

になります。





お客様から頂くご質問の中で多かった質問を中心に皆様へシェアしたいと思います。

同じような質問をお持ちの方は是非ご覧ください(^^)





今回のご質問の答えは

YES

です!!





諦めかけていた方々や、既に諦めてしまった方々、希望を持って下さいね♪





ドライオーガズムとは、その状態に入っている感覚さえ掴んで頂くことが出来れば、最終的には、どの女性に入られても、自分で器具を使ったりしてドライオーガズムになることも可能だと私は思っています。





ただ、女性を選んでお店でお遊び頂いたりする場合はその方との相性などは多少出てきてしまうと思いますが、アナニーでオーガズムを得て頂くことはコツさえ掴んで頂けると達成させやすくなりますよ(^^)





普通のオナニーとSEXでの快楽の違いの様に、アナニーの場合も女性に触ってもらった時に感じる感覚と、ご自身でのアナニーの時に感じる感覚とは少し違った種類のものになることはありえると思いますが、アナニーでも強い快楽を感じる事は可能だと思います。





このようなご質問を頂く場合、大半の方が地方や海外にお住まいで、なかなか大阪に来れる機会が少なかったり、自分の今の環境では定期的に大阪に出向くこと自体が難しかったりする方々が非常に多いです。





将来的にアナニーでのドライオーガズムをご希望の方にオススメしているのは、


【ドライオーガズム達成時の感覚を掴む!!】


ここに尽きます(笑)





コレさえ掴んで頂ければ、後はアナニーの時に、同じような感覚になれるポイントを探していけば良いだけなのですが、ドライオーガズムになっていく過程で起きてくる様々な身体の感覚を掴めていなければ、なかなかご自身でのドライオーガズム体験は難しくなってくると思います。





気持ち良さの出方も個人的に千差万別なので、段階的にどのような感覚がドライに近づいている状態で、逆にドライとかけ離れてしまう時の感覚はどのようなものなのか、ということを自身の身体の感覚で掴めていないと、同じ感覚や気持ち良さをグルグルと堂々巡りになってしまうことになります。





アナル歴は長いけれど、ある一定の感覚まででアナルの快楽が止まってしまっているという方は、既にそのループに巻き込まれている可能性が高いです。





その場合、今までやっていた方法ではないタイプの前立腺開発にシフトしたり、切り替えてみてはいかがでしょうか??

とご提案させて頂いております。





なるべく、身体の感覚が変わっていっているかどうかの変化を早くキャッチ出来るように、ブログ初期に書いている、体調を整えて頂き、下準備などは必須項目となってしまいますが、こちらに来るタイミングが限られている方々には、今のご自身のアナルレベル(穴レベル)を知って頂くところからのスタートになると思いますので、是非下準備をしてチャレンジしてみて下さい。





出来れば、3〜5回位は下準備をして試す→効果を見て改善点をクリアして更に試す、という行為を繰り返し行うことで、得意分野、苦手分野、どのようなアナルタイプで開発までに時間がかかりそうなアナルなのか、そうでもないのかetc、色んな角度から見てあげるとご自身で試して頂く時のオモチャタイプなどもアドバイス出来ると思っています。





どうしても身体の事になるので、ある程度アナルタイプを見分ける際に、何度かアナルを触らせて頂けた方が効果的です。
これは10年の実践を経て私自身が感じていることですが、今の私の施術レベルだとこの方法以外では少し判断が難しいです。





基本的には、心身ともに健康なお身体の方であれば練習を積めば誰でも体得していただける快楽です。





人により、タイミングや時期、開発方法を変えた方が良い方、生活習慣も見直された方が良い方etcはいらっしゃいますが、それぞれに合った方法はあると思いますので、その手助けが出来ると嬉しいです(^^)





なるべく、最短でドライオーガズム達成に導いてあげられるように私も昇進していきたいと思っております!





少しでもアナル開発やアナルの快楽、ドライオーガズムに興味を持って頂けた方々、皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)


現在、OPEに在籍しています♪♪

オフィシャルHP



Q & A No.4 ドライオーガズム達成に効果的な練習方法はありますか??

になります。





お客様から頂くご質問の中で多かった質問を中心に皆様へシェアしたいと思います。

同じような質問をお持ちの方は是非ご覧ください(^^)





ドライオーガズムを目指している方々にオススメしている方法は、いくつかありますが、代表的なもので皆様に共通するものをご紹介しようと思います。





あくまでも私の前立腺マッサージを受けに来てくださる方を対象とした方法となりますのでご了承下さい。





1. 普段の便を気張らず出す練習をする


普段、何気なく行っている事だと思いますが、気張る行為は非常にアナルへの負担となってしまいます。





私はお湯浣腸を行う際も気張らず出す事が浣腸の項目の中でも1番重要なポイントです、と説明させて頂いております。





何故かと言うと、浣腸時に気張ってお湯や残りの便やガスを出されてしまった場合、その後に行う前立腺マッサージの効果がとても下がってしまうという残念な結果になる方が多いんです。





前立腺マッサージを受けて頂く時に、常にアナルの力は抜けているが、前立腺マッサージの施術が効果的に効きやすい状態となります。





感度が上がりやすくなるだけでなく、ドライオーガズム達成までのお時間の短縮、ドライオーガズムになった時の余韻の長さなどにも影響します。





特に、普段の便を気張って出しているという自覚のある方は特に注意が必要です。





なるべく気張らず出せるように、整腸剤をお飲み頂いたり、朝食をバナナとヨーグルトに変えてみたり、出来る範囲で腸内環境を整える事を個人的には強くオススメしています。





実際にリピーター様でドライオーガズムに近づいてきているドライ予備軍の方や、達成者様などは、少し意識的に上記のようなものを生活に取り入れる事で、気張らずに気持ち良く便が出せるようになりました、というご報告を頂いております。





2. ご予約時間の1食(もしくは2食)前のお食事を抜いて頂く


こちらも以前のブログに簡単にコツとして書かせて頂いた事があるのですが、私の前立腺マッサージの施術の場合はどうしても前立腺マッサージ前にお湯浣腸という項目が入ってきます。





お湯浣腸の精度が高ければ高いほど、その後のアナルの力を抜いた状態で前立腺マッサージは受けやすくなっております。





前立腺マッサージ時に深いリラックス状態に入って頂くことを前提としているため、なるべく胃の中は空っぽに近い状態でお越し頂けた方が、お湯浣腸の精度を上げやすくなったり、真のリラックス状態で前立腺マッサージを受けて頂きやすくなります。





例えば、12:00〜のご予約の方の場合だと朝食を抜いて頂くか、何かしら口にして頂く場合も、ご予約スタート時刻より2時間前までに軽めのもので済ませて頂くことをオススメしています。
どうしても何か入れたい場合は、バナナやフルーツ類、ヨーグルトをオススメしています。





なるべくご飯や麺類などは避けて頂き、ヴィタインゼリーの様なもので少し胃の空腹感を抑えて頂くとお湯浣腸の際、上手くいかなくなる影響も少なくなります。





禁欲などの下準備をしっかりされている方が、この項目を見落としてしまっていると、効果的には非常にもったいない結果になる可能性が高まりますので、是非参考にしてみてください(^^)





3. 夜寝る前に、ベットで大の字になって眠る練習をする


こちらは、前立腺マッサージ時に実際に取って頂いている体勢なのですが、人により男性は特に股関節が硬くなってしまっていて、大の字の格好がなかなか上手く取れない方も時々いらっしゃいます。





前立腺マッサージ自体は非常にソフトに行いますが、肝心の体勢が上手く取れないと、アナルの力をずっと抜きっぱなしにしておく事が難しくなってしまいます。





上手くアナルの力が緩んだ時に気持ち良さが上がって来たり、ドライオーガズム達成出来たりするので、マッサージ時の体勢を上手く取れるようにするための練習だと思ってください。





殆どの方は毎日ベットや布団で眠りについていると思いますので、出来たら眠る前に湯船に浸かって頂き、身体をポカポカに芯まで温めてあげた後、大の字になって力を抜きながらお休み頂く練習をしてもらえると、実際のマッサージ時も上手く力を抜きながら、眠るくらいのリラックス状態が体現しやすくなると思います。





毎日出来なくても、出来る時には意識的にこの様な状態を作って頂けるように意識してもらうだけでも違いを感じて頂けると思います。
生活の中で簡単に実践出来るので、是非、取り入れてみて下さい(^^)





4. 瞑想を習慣にしてみる(上級者向け)


上記の1〜3の項目が既に実践済みの方や、色んな方法を取り入れて自分の身体で人体実験してみたいという方は、瞑想される事もオススメしています。





ドライオーガズムのルーツはヨガなどとも関連が深いものになるので、呼吸法をマスターして頂いたり、究極のリラックス状態での瞑想をして頂いたりすることで、心身のオンとオフの切り替えが上手く取れるようになってくると思います。





特に私の施術方法の場合、心身の状態はオフに切り替わって頂いた方々のドライオーガズム達成が大半です。





最初はよく分からない状態になってしまうかもしれませんが、練習を積むことで、上手く自分の心身をコントロール出来るようになってきます。





もちろん、意図的にそのような状態に入れるようになると、ドライオーガズムに近づく可能性は非常に上がると思いますので、余裕のある方は是非お試し下さい(^^)





今回は少しマニアックな内容でしたが、どの項目も意識してさえ頂ければ簡単に行うことが出来ると思いますので、参考にしてみてください。


特にリピーター様や、また私の施術を受けてみようと思ってくださっている方々には効果的だと思います。





まだ、お逢いしたことがない方々も来られる前に少し上記の項目を意識して頂けると今までにないような感覚が味わえる可能性は上がると思いますのでお試し下さい(^^)





快楽重視で、気持ち良さを持続的に感じたい方や、今より感度を上げたい方には効果的な方法となりますので、皆様是非参考にして頂けると嬉しいです。





皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















↑このページのトップヘ