2017年08月

皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

身体の方からスイッチを入れる


というお話になります。 





ドライオーガズムに導いていく為の道のりは大きく分けると何通りかの方法があり、私が個人的に考えているドライオーガズムに達成するまでの道のりは2つのパターンに大きく分かれていると思っています。





1.  脳内からスイッチを入れる方法


こちらのタイプは痴女責めやSM的なプレイに見られる『責め』や『責められている雰囲気』、『言葉責め』などにより、脳内に刺激を与えながら、スイッチを入れていく方法になります。
プレイタイプが好きな方は、こちらの方向性からのドライオーガズム達成を目指されると上手く達成への道のりが開けてくると思います。



2.  身体からスイッチを入れる方法


こちらのタイプは
1.脳内からスイッチを入れる方法
とは真逆のタイプとなります。
特に脳内をリラックスさせて、身体の感覚からスイッチを入れていく方法となり、半分寝ている位のウトウトとリラックスしている状態でアナルの感覚や感度の変化を掴みながらドライオーガズム達成に導いていく方法となります。





脳内からドライオーガズムに導いていくタイプとの大きな違いは前立腺の触り方に動きがあるかどうかという所、興奮した状態かリラックスした状態かという違いなどが特徴としてあげられます。





特にドライオーガズム予備軍の方々は、特徴を上手く掴んでご自身の方法に生かして頂きたいと思います♪





どちらの方法も正解なので、どちらかが悪いということはありません。
ただ、自分の今のアナルの状態に合うかどうかは関係してきます。





私の前立腺マッサージの施術を使ってドライオーガズム達成までを迎える方々は、
今日のテーマにある、身体からスイッチを入れる方法によってドライオーガズムを経験されます。





個々人のアナルのレベルや、経験値、癖がついている、ついていない、施術タイプが好みの方、アナル責めの様なプレイタイプがお好みの方etc、好みや合う合わないが分かれてくると思いますので、まずは自分がやってみたいと興味を持てそうなタイプからお試し頂けると良い気がします。





Aタイプ、Bタイプ、Cタイプ、Dタイプ…と色んなタイプの前立腺アプローチを体験していくと、自分に合った方法がご自身でなんとなく分かってくると思います。





色々試してみて、


プレイタイプではどうもドライオーガズム達成までは難しいと思われた方

ドライオーガズムには興味があるけれど、アナル責めや、責められている雰囲気が苦手な方

前立腺責めやアナル責めは嫌いだという方


etcは、私の行なっているような

リラックスした空間で行うソフトな前立腺マッサージ

がお好みかもしれません。





今まではあまり好みではなかった、興味がなかったので前立腺マッサージ(リラックス系)の経験は無かったけれど、アナルの反応や気持ち良さはこちらのタイプの前立腺マッサージで受けた方が良かったと言って下さった方もいらっしゃいます。





もちろん、逆のご意見で、今まで前立腺マッサージ(リラックス系)の経験が無かったので、興味があって施術を受けてみたけれど、自分の思っているの感覚より感覚の出方が小さかった、気持ち良さはプレイタイプの方が自分には合っている気がする、という方もいらっしゃいました。





この方法が合うか合わないか分かっただけでも、ドライオーガズムを目指していく際に、方向性を決めやすくなると思います。

興味のある方は是非、試してみて下さい
(^^)
皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしています♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

アナルが締まりやすくなってしまう原因


というお話になります。 





私がお逢いさせて頂く大半の方は、前立腺マッサージ時にアナルの締まりが出てくる事によって、ドライオーガズムに近づいてきていても、イキきれない方がとても多いです。





自分でアナルの締まりを自覚されていない方が多いのも特徴だったりします(;_;)


アナルが締まってしまう原因はいくつか考えられる要素があるのですが、今日は何点か代表的なものを例に挙げてみたいと思います。





1. 排便時に気張って出す癖がついてしまっている方


軟便の方や便秘気味の方に多い傾向がありますが、普通便の方でも気張って出してしまう傾向が強い方は、前立腺マッサージの時のアナルの緩みが出て来るまでに時間がかかりやすい傾向があります。
どうしても、アナルの力が時間の経過と共に緩みにくいタイプの方などは、排便時に気張らず自然に便が出せるように整腸剤などをお勧めさせて頂いております。
この方法は浣腸を上手く受けて頂けるようになるという面でもおススメ出来ますので、気張る傾向がある方はお試し下さい(^^)





2. 立ち仕事や座り仕事の方


これは職業病的な所も大いにあると思いますが、立っている事や、座っている事に偏った生活環境の方は、やはりアナルの締まりが出て来やすい傾向がございます。
お仕事でどうしてもそのような状況から抜け出せない方もいらっしゃるので、前立腺マッサージ前のお湯浣腸を最大限に活かしていく事が必要になってくると思います。
後は、意識的にアナルの力を抜く練習もして頂けると実際のマッサージの時に抜けやすくなると思いますよ♪





3.頻繁にゴルフや筋トレをされている方


こちらの方々もアナルの締まりが出やすい傾向があります。
趣味の世界なので、そちらはそちらで楽しみつつ、2番の項目同様、お湯浣腸でしっかりとアナルをほぐしてあげる必要があります。
時間の経過と共に締まりが緩んでくる方は、少しお時間がかかりますが、ほとんど問題なく前立腺マッサージを受けて頂けると思います。





なんとなく、ご自身の生活習慣の中に当てはまる項目がある方は、少し意識的に注意してもらうだけでも、結果は変わってくると思いますので、ドライオーガズム予備軍の方は是非参考にしてみて下さいね(^^)





皆様のドライオーガズムチャレンジ、お待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















↑このページのトップヘ