2016年11月

皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

寒い季節に気をつけて頂きたいこと

というお話になります。 





だんだん寒くなってくる季節になってきましたね。

私は夏より冬の方が苦手なタイプですが、皆様はいかがでしょうか??





今回はこの季節にドライオーガズムチャレンジをされる方には気をつけて頂きたい項目がいくつかあります。
上手くコントロールして頂けると良い結果に繋がりやすくなると思いますので、参考にしてみてくださいね(^^)





1. 身体を冷やさないこと


身体が冷えていると、浣腸が上手くいかないだけではなく、アナルの感度も上がりにくくなったり、アナルの入口や奥の痛みが出やすくなってしまう方もいらっしゃいます。



基本的に、アナルの中の筋肉は緩めた状態で行うマッサージになりますが、身体が冷えていると、アナルの中の筋肉を緩和するのが難しくなる方が多いです。



1年通してお湯浣腸の前と前立腺マッサージの前には、少し湯船で身体を温めた状態にしてからにしておりますが、身体が冷えすぎていると湯船に浸かって頂く時間も長くなります。





2. 飲み物の温度は温かいものを飲むこと


こちらも上記の内容と同じく、身体の内部を冷やしてしまう事に繋がるという理由からお勧めしています。



温かい飲み物が苦手な方は、せめて施術を受ける日だけは常温のものにして頂きたいと思います。





3. 風邪をひいている時はNG


特にクシャミや咳が出ている時とお薬の服用をされている時は注意が必要です。



両者とも効果が出ないだけではなく、逆効果になってしまうこともあります。



クシャミや咳をされている時は、前立腺マッサージが出来ません。



ポイント以外の部分を強い刺激で突いてしまう危険がある為、お勧めできません。



まだ、少し咳が残っていて…というような状態の場合はしっかり完治してからのチャレンジをお勧めします。





上記の内容に気をつけてくださっていると、大きな失敗を起こすことは確率的に下げることが出来るようになります。





特に寒くなる季節は、身体の内部の温度が下がったままだと、事前準備として前立腺マッサージの施術前に行っているお湯浣腸を上手く受けることが出来なくなってしまう可能性が高くなるので身体はなるべく外からも内からも冷やさないようにしておく事が大切になってきます。





特に、ドライオーガズム未達成の方の場合、少しでも達成に近づきやすくなる為に出来る限りの準備はしておいた方が万全です(^^)





別記事に記載をしている

4つのバランス
⇩⇩⇩⇩

であったり、

2時間以上前にお食事を済ませておく
⇩⇩⇩⇩
2015.07.22
『お食事のタイミングと飲み物の温度


http://ryoudrylabo.blog.jp/archives/1034400602.html


であったり、

普段の便を出す時から気張らないように出す
⇩⇩⇩⇩
2015.10.02
『アナルは締まり過ぎないように生活習慣から気をつける

http://ryoudrylabo.blog.jp/archives/1041316718.html


etc

色々な準備のバランスが上手く整っていると、より早く身体の感覚の変化を感じて頂きやすくなりますので別記事も参考にして下さいね♪





皆様のドライオーガズムチャレンジ心よりお待ちしております(^^)





※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)


現在、OPEに在籍しています♪♪

オフィシャルHP



固定概念や思い込みは捨てた方が良い

というお話になります。 





固定概念がある方はなかなかドライオーガズムの達成にはならない方が多いです(^^;;





脳内のリラックス効果が得にくいのと、自分で自分をドライオーガズムでイカない方向に仕向けてしまっている方は本当に【もったいないな】と思います。





また、気持ち良さの度合いもネットで見たものや、動画を頼りにする余り、自分に起きている感覚に集中することが出来なくなっている方もいらっしゃいます。





達成に近づいても、『ネットではこうなっていた、こう書いていた、動画ではどうなっていた』etc、自己分析をする余り、ドライにならない、もしくはドライになっていても自分の感覚を信じられない、という方は、私ではなく別の女性で前立腺マッサージの施術を受けてみても、なかなかドライオーガズム達成にはならないだろうな
(T_T)と個人的に思ってしまいます。





そういった方々に女性の感覚や感度を例にあげて説明してあげると、理解しやすい様なんですが、自分ごとになると、途端にその客観視する感覚が薄れてしまうんでしょうね(^^;;





女性も膣でイケる人、イキそうにはなるけど、イッた感覚が分からない人、イケない人、といる様に、男性のアナルの感覚も人それぞれです。



特に

イケた時の感覚は千差万別

です。



女性でもイク時に激しく声が出る方や、大人しくイク方、イッたかどうか見分けがつかない様な反応の方もいらっしゃる様に、男性のアナルの場合もそれと同様です。





あの動画みたいな激しい痙攣が起きていないからイッていない、ビリビリする感覚がないからイッていないと決めつけるのはちょっともったいないですよ(^^)



かと言って、イッた〜!!と思い込んでるのもまた違うんですが(笑)



私の中で大切にしているのは、ご自身の中の感覚でフッと上に上がった様な感覚があった、自分の感覚の中で腑に落ちたものがあったかどうかを聞いています。





なんとなく、そうなりそうな気がしたのにその感覚が分からなかった、その感覚を掴み損ねた、と言われた場合は、

ドライオーガズム達成!!

にはしていません。





惜しい所まで掴めている方の場合は、次回、しっかりとした感覚に変われるように練習が必要となるのです。





そのドライオーガズム達成までの練習自体をどの女性で行った方がより達成に近づきやすくなるかは、その方の身体の感覚や感度と、女性が行う施術の仕方との相性が大切になってきます。





特に私は、下準備を整えた後に施術を受けて頂くといった、アナル感覚を鍛える為のトレーニング方式でドライオーガズム達成に導いていくタイプですので、相性がバチッと合う方であれば、数回でドライオーガズム達成という方も少なくありません。





人の身体の感覚や感度は、本当に人それぞれなので、Aさんの感覚をBさんも同じように感じるかどうかはまた別になります。





私の中ではアナルパターンを3パターンに分析した上で、個人的に下準備を足しておいた方が良さそうな所を、個人個人のレベルに合わせてアドバイスしています。





ある程度まで達成に近づくことが出来ている人にはアドバイス内容が簡単なモノになりますし、まだまだ練習することがたくさんあるという方には、課題や宿題が山のように出てきます。





下準備の時点で根を上げられてしまう方には、残念ながら私の施術を受けてのドライオーガズム達成は難しいと思われますので、別の女性でチャレンジしましょう♪





どなたにも共通することですが、練習やチャレンジをせずして達成になることはありません。


なるべく楽しくチャレンジして頂きたいのですが、外せない下準備を怠ると、結果もそれなり…という事は多々あります





特に、アナルの感覚を上げたい方や、ドライにより早く近づきたい方は、下準備を受け入れて頂ける心身共に余裕がないといけません(笑)





また、こうすればこうなるという思い込みが強すぎると、なかなか感覚が掴みにくくなってしまいます。


後、別記事にも記載しましたが、『これだけ頑張ったのだから、結果も良くなるはず!!』
と言った過信もドライオーガズムの肩透かしを食らうことになってしまうので、お気をつけください(^^)





自分で出来る限りの下準備をした後は、施術をしてくれる女性に身を任せて、後は神のみぞ知る、という位のスタンスで前立腺マッサージの施術を受けて頂くと、新たな快楽を発見しやすくなると思いますよ(^^)





是非皆様、自分自身の未知の可能性にブレーキをかけず、頭の中もリラックスさせてチャレンジしにきて下さいね♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















↑このページのトップヘ