2016年09月

皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)



大は小を兼ねない

というお話になります。 


注)あくまでも私のやっている施術を前提としたお話の内容になってしまいます事をご了承下さいm(__)m





ここでいう

大は小を兼ねない

という内容になっている

大や小というのは
アナルに対しての刺激の強さ

に対しての表現となります。





今まで私に実際お逢いしたことのある方や、blogを読んで下さった方などは、私の前立腺マッサージの施術内容が非常にソフトな刺激のものであるという事や、リラックスした状態で行う前立腺マッサージだという事はご理解頂けていると思います。





初めてこの記事をご覧頂いた方などは、

『!?!?どゆこと!?!?』

となってしまうかもしれません(笑)





こちらの記事をスムーズに読んで頂くためにも、別記事を参照されてからこちらをお読み頂くことをオススメします(^^)





現在まで、延べ人数4000人近い方のアナルを見て来ました。
その中でドライオーガズムに特化した形で見ている方々が大半になりますが、ある特徴が見えてきたんですね。





経歴の浅い方や深い方、中には20年以上アナルを触っているベテランさんまでお越しになられますが、皆様、目標は同じなんです(^^)


そう!!皆様、


ドライオーガズムになってみたい!!


究極の快楽というのを死ぬまでに味わってみたい!!


1度で良いからどんな感じの感覚なのか知りたい!!


という思いでお店に足を運ばれたり、またはこのblogを参考にしていたりする方もいらっしゃることでしょう。





ここからの内容は、私が

施術をしている立場から見て、個人的主観で思う事

を書いていきますので、ご意見は賛否両論あるかと思いますが、あくまでも、私はそのような考え方であるという認識で読んで頂けると嬉しいです。





特に、

アナニー歴が長い方

頻度の多い方

お店に行く時にハードなアナルの刺激を受けている方
(こちらは【アナル責めとアナル開発の違い】という記事にて詳しく掲載しておりますので、そちらを参考にしてみてくださいね)

などは、アナルの感覚自体が非常に鈍感になっている方が多いです。





冒頭にも書いたように、

私の施術は

非常にソフトな刺激で時間をかけて、ご自身で持っているアナルの感覚を底上げしてあげる

それと同時に

アナルにはなるべく負担をかけず、気持ちの良い時間を持続させられるような前立腺マッサージ

を行っています。





元々の感覚が鈍ってしまっている方は、ソフトな刺激でもアナルが感じるようになるまでの慣らし期間が非常に長くかかる方が大半です。





別記事にも時々書いておりますが、アナルの感覚が出にくくなるような変な癖がついてしまっている方、自分ではその事に気がついていらっしゃらない方が多いのも特徴的です。





ある程度の気持ち良さで感覚が止まってしまっている方などは、その傾向が強いかもしれません。


気になる方は、一度お越し頂けるとアナルの感覚が鈍感になってしまっているかどうかの判断は出来るかと思います。





その場合、ある程度前立腺マッサージを受けて頂く時間も長い方が良いので、最低でも150分以上のコース時間をお勧めします。
別記事にある、下準備も合わせて来て頂けると、更に細かい判断がしやすくなります。
ご自身の現在のアナルレベルを細かく判断されたい方は是非参考にしてみて下さい
(^^)





逆に、私の前立腺マッサージの施術ドライオーガズムを達成された方々には、アナルがソフトな刺激でもすぐにイッてしまえる位の状態になれた方から、ご自身がやりたかった方向性へ散り散りに散っていきます(笑)


そして、私もそれをオススメします(^^)





特に今までで多かったパターンは、


アナニーでもイケるようになりたい!


という方と、


アナル責め
(バイブやペニバンなどのハードプレイ)
でもイケるようになりたい!


という方が非常に多かったです。





ただ、現時点ではまだドライオーガズム未達成だという方の場合は、まず私のやっているようなアナルへの刺激と負担が少ない状態でも最高潮の快楽を得て頂けるようにご自身のアナル開発をされる事をオススメしています。





アナル開発さえ終わってしまえば、あとは色んなジャンルで楽しんで頂けるようになると思いますし、実際にドライでイケるまでに所要するお時間なども短縮されてくると思います。





ただ、アナニーのやり過ぎアナル責めでドライオーガズムをするという事に慣れ過ぎてしまうと、再び私のゆったりソフトな前立腺マッサージをお受け頂いた時に効果が出にくくなる可能性が高まります。



人によっては、全く効果が出なくなってしまった方も過去にいらっしゃいます。





ドライオーガズムという快楽は確かに今までに感じた事のない新しい快楽の感覚なので、ハマってしまう方が多いのは事実です。





やり過ぎには注意した方が良いですよ、と忠告はしますが、新たな快楽をどんどん追求して追い求めたい方には、なかなかブレーキが効かない様で(^^;;



一度、


から大への感覚


に慣れてしまうと、なかなか


大から小への感覚


に戻すのは困難になります。





一度、原点に戻りたいと思っていらっしゃる方で、アナルの癖が強すぎる方の場合は短い方で6ヶ月〜1年、長い方になると1〜2年はアナルの休息期間を設けてからお越し頂くことをオススメしています。





そもそも、そうならないようにしたいという方の場合は、


1. やり過ぎない


2. 適度にする
(お勧めは1ヶ月に1回程度。我慢が出来ない方でも2週間ごと位がベストだと思います)


3. 小と大のバランスを考える
(小(前立腺マッサージの施術) 2.3回やったら大(アナニーやアナル責め)を1回にするetc)





上記の様に上手く自分でコントロールして頂くことで、急激な感度のムラは避けて頂くことが可能なのではないかと思っています。





最後にまとめると、



小⇨大
(適度にすれば、感度の持続性などに影響は出にくい)


大⇨小
(大の刺激に慣れていれば慣れているほど、小の感覚は掴みにくくなる)



非常にマニアックな内容となりましたが、皆様の参考になれば嬉しいです。





興味のある方は是非、チャレンジしに来てみて下さいね(^^)

皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

身体の感覚だけがフライング!?

というお話になります。 





前回の記事に予告した内容になりますが、

またこれも!?!?

どういうこと!?!?!?

と文字だけ見てると思っていらっしゃる方が多そうですね(笑)





最近、内容がマニアックになり過ぎている傾向がありますが楽しんで読んで頂けると嬉しいです。

感覚と感度については前の記事を是非お読み下さいませ。





この身体の感覚だけがフライングという状態は実体験で経験済みの方も多いかもしれません。





前回の記事でも書いていますが、ドライオーガズム達成に近づける時には前立腺を膨らませて(勃起させて)いきますが、この時にアナルのスイッチを身体の感覚と感度の両方で上手くスイッチが入らないと自分自身でドライオーガズムになった!という感覚を得て頂くのは難しくなります。





色んな方法がある中で、私の前立腺マッサージの施術の仕方は、


【ペニスの感覚をオフにしてアナルの感度を上げていく】


という種類のものになります。





人によっては、ペニスのスイッチを入れたまま前立腺マッサージを行う方がいたり、同時進行でされる方もいらっしゃるようですが、私の場合においては、


【アナルのみで究極の快楽を味わってもらう】


という所に非常に特化した前立腺マッサージとなりますので、ドライオーガズムチャレンジ中はペニスは一切触らずに前立腺のみのマッサージでアナルの感覚や感度がどの様に変化しているかという部分にフォーカスを当てて施術を進めていきます。





その為、

アナルのみでどの辺りまで感覚が出ているのか、

または出ていないのか、

が一目瞭然です(^^)





そこで、感覚や感度の出方が弱い方に対しては、その日よりも更に下準備をバッチリにしてきて頂く事により感覚や感度を引き上げることが出来るように


【ドライオーガズムが身体に馴染んでくるまでは、毎回同じ状態の下準備でチャレンジしない】


という部分においても意識を向けて頂いております。





実際にこの方法を選択することにより、

アナルの感覚や感度が飛躍的に変化した方

や、

ドライオーガズム達成になった方々

がたくさんいらっしゃいます。





皆様、最初は半信半疑ですが実際に身体の感覚や感度に変化が起こり始めると、やっぱり下準備や施術時間が重要なことを痛感されています(笑)





少し話が逸れてしまいましたが、

身体の感覚の方がフライングしているというという感覚

はどのようなものかと言うと、

前立腺の反応はしっかりと出ているにもかかわらず、ご本人さんの感覚や感度がついてきていない状態

です。





ドライオーガズム達成へ導いていく過程で、必ずどなたも大なり小なりはあったとしても、前立腺が勃起をするようになっています。





最高潮まで勃起して、射精時のようなドクドク感が前立腺に起きると基本的にはドライオーガズムになっている状態の前立腺の動きにはなるのですが、この膨らみの度合いとご本人さんの感覚や感度にズレが生じる場合があります。





なるべく前立腺が膨らんだらご本人さんの感覚や感度も上がるように前立腺マッサージの施術を行うように心がけていますが、

下準備が足りていなかったり、

アナルの経験値が浅かったり、

逆にアナルの経験が違う意味であり過ぎたり(ハードな事をされている方、

アナニーによる変な癖がついている方)というような事が原因

で、前立腺の膨らみとご本人さんの感覚や感度とのバランスが悪い方がいらっしゃいます(^^;;





まずは前立腺との膨らみとご自身での感覚や感度のバランスが取れやすくなるように、下準備などで調整を取って頂けると新たな快楽が出やすくなりますよ(^^)





特に現在の段階で次のような症状が出ている方には有効だと思いますので参考にしてみて下さいね♪





1. アナルに指が入っているという感覚しか出ていない方


2. 圧迫感や、締め付け感はあるけれど、気持ち良さは出ていないという方


3. 時間が経過しても、アナルの感覚にほとんど変化が起きないという方





上記のような方々は、是非一度いつもとは違った方法で試してみると良い結果が出る可能性がありますので、お試し頂ければと思います。





そもそも、アナルのみで前立腺マッサージというものを受けた事がないという方は、まずはそういった施術方法で前立腺が膨らんだら感覚や感度が出るのかどうかという所を試してみても良いと思いますよ(^^)





是非、皆様のドライオーガズムチャレンジをお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















↑このページのトップヘ