2016年05月

皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは 

早漏気味の方がドライオーガズム達成しやすい!?

というお話になります。 





ドライオーガズムチャレンジをして頂く方には別記事に掲載させて頂いている、
禁欲期間1ヶ月〜というものがあります。



これは、あえて禁欲期間を設けて頂く事により、アナルの感覚をより感じて頂きやすくする という意味合いがある為なのですが、元々のタイプ的にかなりの早漏タイプの方には前立腺マッサージを行った時のアナルの感覚が出やすい傾向にある方が多いです。





早漏気味だからと言って、禁欲期間が短くても良いという訳ではないのですが、かなり禁欲期間の効果を身体で実感して頂きやすいタイプ だと思います。





特に、気持ち良さが出始めてからの感度の上がり方などに関しては、非常に強く出やすい方が多いのも特徴です。





更に、ドライオーガズムになりかけた時にも、頑張ってドライ達成になるというよりは、割とスムーズにドライオーガズム達成をしてしまう方が多いです。





逆パターンで遅漏気味だという方や、遅漏であると自覚のある方 は、ドライオーガズム達成までにお時間がかかったりトレーニング期間自体が延びてしまう事も多々あります。





遅漏気味の方に関しては感覚が上がってくるまでに早漏気味の方と比べると、お時間がかかりやすく、更にイクという感覚が出てくるまでにももう一段階時間がかかってしまう方が私の過去の経験からすると、大半です。


下準備も、遅漏気味の方は特に念入りにしてあげないとなかなか変化が起こりにくい… という特徴があります。





これは、M性感でよくあるプレイスタイルになりますが、

【ペニスの焦らし】

を行い過ぎる事による遅漏誘発を起こしてしまっている場合、ドライオーガズムに近づいていても、なかなかイカない、もしくは、イクまでにアナルが疲れてきてそれ以上マッサージが出来なくなる…という結果になる方が多いです。





感覚的にはドライオーガズム直前の惜しい!!という感覚をグルグル回って繰り返しているうちに、アナルそのものが疲れてしまい、結局イケない…というような事が起こりやすいのも、オナニー(アナニー)や、お店での

【焦らし癖】

がついている方に多い特徴です。





特に焦らしをした事で遅漏気味になりやすいと自覚がある方は注意された方が良いかもしれません。
焦らしをプレイとして楽しむ分には問題ないのですが、ドライオーガズムになりたい方は少し気をつけて頂けた方が良いですよ♪





是非、実体験でアナルの感覚を引き上げる事や、ドライオーガズムになることを一番の目的 とお考えの方で、先ほどの内容に納得のいく方や、自分自身にその事が当てはまる…といった方は準備万端で来て頂けるといつもと違った感覚が出やすいと思います。





因みに、焦らし癖が余りにもつきすぎているという方などは、少しアナルを休めてあげる期間を設けてから再チャレンジされる事もオススメさせて頂いております。





ドライオーガズムになれる身体になってしまえば、下準備とか焦らし癖などは何も関係なくなってきます♪
まずは、すぐにイケるようにする身体の感覚の基礎が大切になるんです(^^)





気になる方は是非トライしてみて下さいね(^^)




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)


現在、OPEに在籍しています♪♪

オフィシャルHP






今回のテーマは

有効なアナル感覚維持期間目安

というお話になります。





こちらも皆さんからよくご質問を頂いている内容になりますが、

本気でドライオーガズムチャレンジをされたい方向けに書いている記事

になりますので、なんとなくやっているうちにイケるようになれたら良いなぁ…程度の感覚の方は、こちらの記事は飛ばして下さい
(笑)





比較的、

感覚を忘れないうちに次の開発(前立腺マッサージの施術)をした方が良い

と言うのは言うまでもありませんが、

時期やタイミングを間違えると、途端にやりたい方向性とは違った結果になることも多々ありうる

ので、こちらの期限はある程度参考にして頂きたいと思います。





まず大前提として、自分の中でこの人でやってみよう!と思われる前立腺マッサージの施術をしてくださる方を見つけてください。





その中で、私の施術を受けたい、私の施術でドライオーガズムチャレンジをイクようになるまでやってみたい…と仰って頂いた方々には、


【最低でも1ヶ月は空けて、最長でも3ヶ月以内のペースで3回は試してみて下さい】


その方がドライオーガズムチャレンジには効果的ですよ!とお伝えしています。





これは、私の施術だけに限らず、どなたかお気に入りの前立腺マッサージをして下さる方が見つかった時にはこちらの方法でチャレンジして頂くことを強くお勧めします。





自分の過去の経験を元に、このペースで定期的なチャレンジをされている方の達成率が非常に高いです。





口コミなどを書いて下さっている方は、ほとんどこの工程でドライオーガズム達成を経験されている方々が大半です。





皆様、それぞれにお小遣い事情や、出張があるかないかとか、色々な事情があるとは思いますが、

次のチャレンジまでの期間が短期間すぎると前立腺開発(ドライオーガズムチャレンジ)には非常に大切な4つの下準備のうちの1つ、 禁欲1ヶ月という下準備部分が整わないので前回との違いを実感できない方が多いです。





逆に、期間が3ヶ月以上空いてしまうと、今度はお湯浣腸などの感覚を忘れてしまい、そこが上手くいかなくなってしまって、また振り出しに戻る…なんていう事も珍しくありません。





以前の記事にも掲載はしましたが、ドライオーガズムというものは、一度自分の身体で感覚を掴む!という事が出来れば、少々期間が空いてしまったりしても問題なくドライオーガズムを楽しんで頂けます。





感覚掴みとしては、コマあり自転車から普通のコマなし自転車に乗れるようになるだとか、逆上がりの感覚を掴んだり、スキーなどを習得する時などの感覚の掴み方に似ていると思います。





自転車などは、一回バランスの取り方を掴むとよっぽどでない限り、乗れなくなる事はないですもんね(*^_^*)


これは
ドライオーガズムの感覚にも当てはまります。





私の所には色んな方々がいらっしゃいますが、皆様ドライオーガズムでイケるようになると、色んな方向性に散り散りに散っていきます(笑)





今まで通り、

前立腺マッサージの施術でリラックスした雰囲気の中でドライオーガズムを楽しみたいという方は、

引き続き私の施術を受けに来て下さいますが、

そうではない方法でもドライオーガズムをやってみたいと思われている方は、

アナル責めが得意な女性に入られたりSMの様なジャンルに行ってみたりアナニーに没頭する方がいらっしゃったり…と実に様々です。





そして、色んな方向性でドライオーガズムを楽しめるような身体になると、自分の今日の気分で今日はどんなドライを楽しもうかな!?という風に色んな味を楽しめる様になりますよ♪ 





私は、最終的には自分のやりたい方向性でドライオーガズムを楽しんで頂ければ良いと思っています。


一番最初の段階で、

ドライオーガズムでイケない→イケる!という工程をアシストさせて頂ければ幸い

です。





基礎感覚を掴んでドライオーガズム達成に導いていく前立腺マッサージをする事が得意なので、
基礎から始めたい方や、基礎が出来ていないと自覚のある方は是非試してみて下さいね。





皆様のドライオーガズムチャレンジ、お待ちしております(^^)




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















↑このページのトップヘ