2016年04月

皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

アナルの感度(気持ち良さの出方)を見ているタイミング

というお話になります。





特に初めてお逢いさせて頂くお客様に関しては、
今現在の

アナルの感覚(じんわり感や温かさ)


感度(気持ち良さ)

がどの程度のレベルなのかを

3段階のタイミングで見ています。





1. 浣腸の前に行う指でのアナルの入口や内側の筋肉のほぐしを行う時


一番始めの段階でアナルに指が入るタイミングが、浣腸前のアナルのほぐし時のところになるので、

ここですでに指が入っただけでじんわり気持ち良さが出てくるのか、

気持ち良さはないけれど、入れられた感覚に対して違和感があるのかないのかetc

を見ています。





最初の段階で指を入れて動かさなくても気持ち良いと言って下さる方は、

アナルの第一段階にあたる、

【指を入れただけで気持ち良さを促す】

という部分はクリアです。





指が入っている感覚はあるけれど、特に気持ち良さのような感覚がないという方の場合は
指が入ってじんわり気持ち良さが出てくるようにする為のアナル開発が必要になってきます。





2. 浣腸が終わって一番最初の前立腺マッサージの時


浣腸にも上手く受けて頂くコツというのがありますが
(浣腸の詳細については別記事に書くことにします)、

浣腸自体が上手く受けれた場合、前立腺マッサージをスタートさせた1回目のマッサージから

感覚(じんわり感や温かさ)


感度(気持ち良さ)

変化を感じる方がいらっしゃいます。





もちろん、変化の出ない方もいらっしゃいますが、

この段階で変化が現れるタイプの方というのは、しっかりと前立腺マッサージの施術を受けられるお時間を取って頂いていれば

(目安は感度の良い方で180分、一般的には240分をお勧めしています)、

その日にドライオーガズム達成になったり、達成はしなくても、惜しい感覚まで上がってくれたりする事が多々あります。





そして、ここで変化が出ないからと言ってドライオーガズムになれない訳ではないのでご安心ください。





そういった方の場合は、

浣腸をしただけでは変わらないという体質、

もしくは現在のアナルレベルではそのような状態

なだけなので、ゆっくりお時間をかけた前立腺マッサージを受けて頂くことで徐々に 感覚(じんわり感や温かさ)感度(気持ち良さ)の変化 を起こしてあげる事が出来ます。





3. 前立腺マッサージの回数を経てからの時


先ほどの項目、後半にも書きましたが大半の方はお時間をかけていつもとは違ったタイプの前立腺マッサージ(前立腺の触られ方や雰囲気etc)を受けて、

時間が経過してくると共に、徐々にアナルの

 感覚(じんわり感や温かさ)


感度(気持ち良さ)

に変化が起きる方がほとんどになります。





私の場合は、

施術をする時間


アナルの休憩を置く時間

をその方のアナルレベル、もしくはその日のアナルの状態に応じて調整をかけていきながら前立腺マッサージを行っています。





なるべく、その

感覚(じんわり感や温かさ)


感度(気持ち良さ)

の変化が起きやすい状態を作る為に、あえての

下準備が必要

になってきます。





※下準備に関しては別記事に詳細を載せていますので、そちらを参考にしてください。





私のマッサージ方法が身体に合わない方以外は、この準備と前立腺マッサージの施術を組み合わせる事で、今まで感じたことのない感覚になれたり、ドライオーガズム達成に導く事が可能になります。





逆に、興味があるので下準備をしてチャレンジをしてみたけれど、よく分からない…という結果になった方や、

今までのやり方の方が気持ち良さが出やすかった…という方に関しては、私以外にも前立腺マッサージが上手な方が数名いらっしゃるので、一度その方々で試してみることをお勧めしています。





個人的には、経験を元に、自分で編み出した下準備の仕方や前立腺マッサージの施術方法などに関して自信を持っていますが、この方法だけが全てだとは思っていません。





私のやっている前立腺マッサージに対して、

《この施術が自分に合う!!合いそうな気がする!》

と思ってくださる方もいれば、

《どうなんだろ!?ナシではないけど…まだよく分からない》

と思う方、

《今ひとつ良さが分からなかったな…》

と思う人がいて当然だと思っていますので、

自分の

身体の感覚に合う方でドライオーガズムチャレンジ

をされると結果も早くついてきやすいと思いますよ(^^)





実際に他の女性をお勧めさせて頂いて、そちらの女性でドライオーガズム達成まで面倒を見てもらったという方もいらっしゃいますので、
私で試して下さった時に???と思われた方は遠慮なく他の女性も紹介して欲しいと言ってくださいね。





皆様のドライオーガズムチャレンジのお手伝いが出来る日を楽しみにお待ちしております(^^)




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

足し算より引き算

というお話になります。





巷には、実に色々な方法のドライオーガズム達成になれるようにするにはどうすれば良いのか!?という内容のネット記事やサイトやblogなどがたくさんあります。


その中の一つに私のblogを参考にして下さっている方もいらっしゃるかもしれません。  





私の基本的な考え方としては、

足し算より引き算

これに尽きます。 





もちろん、この考えに賛成ではない方もいらっしゃると思います。
そういった方にはこの記事は参考にならないので無視して下さいね(笑)





あくまでも自分の経験してきた施術をする立場からの考え方だと思っていただければと思います。





過去記事にも何度か掲載をしましたが、私の施術でアナルをドライオーガズムに導いていく時にモットーにしている事があります。


【アナルの負担は最小限に、
アナルの感度は最大限に】


このモットーを大切にしているので、

足し算ではなく引き算の考え方

にならなければアナルの

負担をかけ過ぎてしまう事になってしまったり

感度がドライオーガズム達成ではないタイプのもの

になってしまいやすくなります。





自分の中で、

明らかにハードな方がアナルの感度が良いという方

オモチャが好きだという方は

アナル責めのプレイ的な事が得意な女性で試して頂くか、

アナニーでご自身のアナルの感覚が上がるようにトレーニングをして頂くと良いと思います。





私の施術の流れは基本的に、


1.  シャワーで身体を綺麗にする


2.  湯船で身体を芯から温める


年間通して行います。

夏場でも、冷たい飲み物や、汗、冷房で身体の方が冷え切っていらっしゃる方が多いです。

この手順を省くと、この後に行う浣腸がなかなか上手くできません。





3.  お湯浣腸で腸の奥側の筋肉をほぐす事と、手前に残った便を取り除いておく


お湯浣腸についての詳細は別記事を参照して下さいね♪

こちらが上手くいくと、必然的にアナルの持ち時間がとても良くなるのと、
気持ち良いと感じる感度が出てくるまでのお時間の短縮に繋がります。





4.  お湯浣腸を出して頂いた後、再度湯船に浸かり、浣腸の残りがないかどうかチェック


お湯浣腸に残りがある方は、この時に再度便意が上がってくるので、
その際はもう一度お手洗いに戻って頂きます。

特に違和感や残便感が出なかった方に関しては前立腺マッサージを受ける前にしっかり身体を温めておくと気持ち良さが出やすくなりますよ(^^)





5.  ベットでリラックスした状態の中(大の字に寝てもらった状態)でゆっくりとした殆ど動きがないタイプの前立腺マッサージを始めます


前立腺マッサージまでの簡単な手順はこのような感じになります。





最初に便を出しておく…という行為自体も引き算の法則ですよね。





前立腺マッサージの施術が始まると、
かなりゆっくりとした、グリグリと動かしているような動きがないタイプの前立腺マッサージを休憩を挟みながら受けて頂きます。


前立腺マッサージ

休憩

前立腺マッサージ

休憩


という工程を何セットも時間をかけて繰り返していくと、
感度の良い方は前半の方から、感度そこまで良い人でなくても、
私のマッサージが身体に合う方は、後半にかけて少しずつ、自分のアナルに感じる感覚が変わってきます。





それが、
暖かく感じる…という感覚なのか、
ジーン、じんわりする…という感覚なのか…
また暖かくてじんわりするというMIXされた人もいらっしゃいます。





そのじんわり感や、暖かさの中に、気持ち良いという感覚が出てきてくれていると、
ドライオーガズムに向けて、第一歩進んだ事になります。





私の施術を受けたことのある方はよくご存知だと思いますが、私は前立腺マッサージをしている時は、


前立腺のみでのマッサージ】


を行います。





乳首とセットで触ったり、ペニスとセットで触ったり、玉とセットで触ったり…という事は一切していません。


ペニスと一緒に触る時と言うのは、射精のタイミングがきてからにしています。





ここでいう

足し算ではなく引き算

という意味合いは、施術の仕方が

前立腺のみで行っている

というところです。





この方法で施術をするようにしてから、

【アナルの感覚をアナルだけで感じる】

という事が出来るようになる方々が増えてきました。





私の元には、ドライオーガズムを目指しているけれど、なかなか達成に至らない…という

ドライ難民の方が来店される事が非常に多く

皆様、それぞれに気持ち良さが出てはいる様なのですが、口を揃えて

『ドライにはならない』

『ドライの感覚が分からない』

『ある一定の所で気持ち良さの限界を迎えてしまい、更に上っていくような気持ち良さが出ない』

とおっしゃられます。





そのような方々に、時間をかけ、
下準備もキッチリしないと難しいけれど、

今までとは違った感覚が出るようにする

には、前立腺マッサージを受ける時は

前立腺マッサージのみで受けるようにした方が良い

と思うのです。





また、下準備の方法から、
今現在のその方についている

ドライオーガズム達成を邪魔している癖

などがあれば、それを

取り除くには●●をした方が良い…、逆に●●はしないで下さい…etc、

その方のアナルレベルに合ったアドバイスをさせて頂いております。
リピートをお考えの方にはとても重要な要素になりますので是非参考にしてみてくださいね(^^)





個人的主観の考えで言うと、
ドライオーガズムを目指したい方で、まだ未達成の状態にある方は、

まずは

引き算の法則

にしたがって、

基礎になるドライオーガズム感覚を掴むこと

をしていただいた後、 

ドライオーガズムの感覚にしっかり慣れた頃

から

足し算の法則に切り替える

ようにした方が

確実に気持ち良さを実感、増幅

して頂きやすいと思います。





最終目標が、

アナニーであったり、

ペニバンでイキたいという方であったり、

SMプレイの様なハードな事をしてドライをやってみたい!という方

はたくさんいらっしゃいます。  





まずは


引き算で慣らしてから足し算に…】


が出来ると、最終的には
自分のやりたかった方法でのドライも夢ではありません。





そのためには基礎をしっかり身につけておくことが大切だと思います。





是非、ドライオーガズム未達成の方で興味のある方は一度、

究極の引き算で引き出されるアナルの快楽

をお試ししに来てくださいね(^^)      





その際は、別記事にある下準備もお忘れなく!

アナルの感覚の出方が下準備がある場合となかった場合では大幅に変わる可能性があります(^^)




皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしています♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















↑このページのトップヘ