2015年07月

皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)


現在、OPEに在籍しています♪♪

オフィシャルHP






今日のテーマは

お食事のタイミングと飲み物の温度

についてです。





ドライオーガズムを目指して頂く時にとても大切なポイントになります。


まずは、お食事のタイミングについてですが、出来たらお逢いする2時間前までには済ませて頂くことをお勧めしています。





私の施術を受けて頂く時には前立腺マッサージの前にお湯浣腸を受けて頂くので、
胃の中に食べ物が入ったままの状態であると非常に浣腸が受けにくくなってしまい、
マッサージ中のリラックス状態にも入りにくくなってしまいます。





お食事をされる時は腹8分位までにしておく、消化の良いものを食べる…などをして頂くと浣腸を受けやすくなります。





過去に待ち合わせまで少しお時間があるからという事でお逢いする直前にラーメンを食べて来た方がいらっしゃいました。



何度かお逢いさせて頂いている方で、いつもはそこまで浣腸が上手くいかないという事がない方なのですが、その日だけは苦戦されていました。





浣腸はあくまでも下準備のうちの一つになりますので、
なかなか上手くいかないとその後のマッサージに多少影響が出てしまうのでなるべく上手くいくように体調を整えてきて頂けると上手く感度を引き出してあげやすくなります。





特に腸内環境には気をつけて下さいね。

お腹の調子が良い日の方がアナルにとって良い結果になるパターンが多いです。





飲み物の温度も上記のお食事同様、
浣腸に影響が出てしまいやすいので気をつけて頂きたいところになります。 





特にこれからの季節になると毎日暑いので冷たい物を飲む機会が増えると思いますが、
アナルを触るという日や、浣腸をする日だけは温度を常温の物にされた方がお腹の中を冷やさずに浣腸が出来ます。





お腹が冷えてしまっている時は浣腸を上手く受けて頂くのが難しくなってしまうので、
冷たい飲み物などは施術が終わってから飲むようにしましょう。

もちろん、アルコールも飲みたい方は施術あとの方が良いですよ(^^)
せっかくの準備やお時間が水の泡になってしまいます(T_T)





ドライ未達成の方は特に飲酒をしてイク事はほぼ不可能だと思っていた方が良いです。

私が施術をする方の立場から見ても、明らかに感覚が鈍ります。





1杯だけしか飲んでいないという方もいらっしゃいますが、
ノンアルコールの時と比べると、
感覚や感度の出方、
浣腸の精度にも影響が出てしまいますので、
お酒好きな方はお酒を飲む前に前立腺マッサージを受けて下さいね。





皆様のドライオーガズムチャレンジを心よりお待ちしております(^^)




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)






今回のテーマは

自分に合ったマッサージを受ける事が大切

というお話です(^^)





私も今までにお逢いした方々を思い返すと…   


1. 私のマッサージがとても合う方 


2. 私のマッサージでも気持ち良さが出た方


3. 私のマッサージでは気持ち良さが出なかった方


大体の方がこの3パターンのうちのどれかに当てはまる事が多いです。 





1番と2番の方は私のマッサージが身体に合う方なので、更に快楽を求めてチャレンジされる事は効果が出やすいと思います。


3番の方の場合、考えられる理由としては


1.そもそも前立腺マッサージの触り方がその方の身体(前立腺)に合っていない


2.その日の体調や気分で集中できなかった


という方が多いと思います。





1番の方の場合は、
私のマッサージの方法が身体に合っていないので、
他の触り方や方法を試してみるという方が良いという感じになります。





2番の理由だった場合は、
下準備を整えてから施術を受けてみると、
このマッサージが効果を発揮してくる可能性もあります。 





私も施術後にアナル(前立腺)の感覚の出方や、
感度(気持ち良さ)が上がったかどうか…聞いてみるのですが、
自分の状態を変えてトライした時に感覚の変わる方はこのマッサージでも気持ち良さが出てくるという事になります。





状況を変えても、感覚や感度(気持ち良さ)が出なかった場合他の前立腺が上手な方をお勧めしています。





前立腺マッサージやドライオーガズムを目指す時は、やっぱり自分の身体に合ったマッサージを受けて頂くのが一番の近道だと思うのです。





少し話題がそれますが、
例え話をすると
普通のマッサージを受ける時に指圧系が自分には合っているのか、
オイルマッサージが向いているのか…
というような感じで、
どちらも身体を楽にしたり、
血行や凝りをほぐす、
リンパの流れを良くする為に行うものですが、
自分に合っていない方法を選んでしまうと効果が発揮されないだけではなく、
逆効果になってしまうこともありますよね。





個人的なお話になってしまいますが、
私はオイルでないと絶対に揉み返しがきてしい、翌日…ひどい時は翌々日まで揉み返しやしんどい感じをひっぱってしまいます。



また、オイルマッサージを受ける時でもマッサージの強さが強いと全然効果が出ず、余計身体への負担になってしまうことが多々あります。





自分の経験の中で、この方法が自分の身体の体質には合うなと思うマッサージの仕方に辿りつくまでには色々な失敗や経験によって培われた部分が大きいです。





前立腺マッサージも、普通の全身マッサージと施術をする場所が違うだけで、マッサージには変わりありません。

特に快楽を引き出すことをメインに考えた場合は、
マッサージの強弱や、
指を動かさないタイプのマッサージが良いか、
かなり動かされているマッサージが良いかは人の感覚と好みにもよります。





私の行っている前立腺マッサージは
非常にソフトでほとんど動きのないタイプ
のものになります。  


どちらかというと初心者さんや、

アナルで痛かった思いのある方

強いマッサージや刺激だとアナルが疲れて(痛くなって)しまう

圧迫感が気になり気持ち良さの感覚に集中できない

もしくは段々気持ち良さが無くなってきてしまう

日によってはグリグリされると痛くなる

という方には向いている方法だと思います。





元々の考え方が
【アナルの負担は最小限に、アナルの快楽は最大限に】
ですので、
アナルにかける時間も ゆっくり時間をかけて快楽を引き出していくというスタイルになります。





アナルは慣れてしまうと時間をかけずにドライオーガズムになって頂く事が可能になりますので、それまではゆっくり慣らしてあげる事が大切だと考えています。


逆に言うと、
激しい動き(責め)でないと感じない

圧力が強くないと感じない

リグリされないと感じない

バイブの常用者

拡張やフィストなどのプレイが好きな方

には私の施術は向かないと思います。





過去の経験を思い出しても上記の様な方はなかなかアナルの感覚を掴んで頂くことが難しかったです。 


また、
激しいプレイは飽きてきたという方や、

アナルの気持ち良い時間が短時間になってしまう方

ドライになりたいので今までの激しさやバイブを使った方法から、ソフトな方法にやり方を変えたいという方

アナルをしばらくお休みさせてからのトライをお勧めしています。





ペニスとアナル責めの併用でアナルに変な癖が付いている方に対しても同様です。


最低でも3ヶ月〜6ヶ月、年月の長い方や、頻度の高かった方は1年くらいはアナルを休憩させてからの方がこちらの触り方でも感覚を得て頂きやすくなります。





最終的にはマッサージやアナル(前立腺)を触られる時にどのような種類が好きか…という個人的な趣味嗜好の部分が大きく関係してきますので、お好きなマッサージをしてくれる方が見つかるまでは色々な方で試して頂くのが良いと思います。





興味のある方は是非、前立腺マッサージを受けに来て下さいね(^^)

皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















↑このページのトップヘ