2015年06月

皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)


現在、OPEに在籍しています♪♪

オフィシャルHP






今回のテーマは

お湯浣腸のやり方

についてのお話です。





私はお店でお逢い出来た方には浣腸を必ずお勧めしています。





そして、施術を受けられる方が120分以上のコースでご来店された時はよっぽどの場合【飲酒がひどい、体調があまり良くない(特にお腹の調子が悪過ぎる時)、浣腸への抵抗が精神的に強過ぎる方etc】を除いては必ず浣腸をつけていただくようにしています。





浣腸を受けて頂く目的としては私の施術の場合…


1. アナルの奥の筋肉をほぐす為


2. 直腸に溜まっている便を出し切る為


この2つの要素が大きな目的です。





今までの自分の経験からは、
アナルがある程度良い感じに緩んだ状態
(力が抜けている状態)が続かないと、
なかなか気持ち良さが上がってきたり、
ドライになったり…という事が難しいです。





お湯浣腸という方法でぬるめのお湯をお尻に入れて出すという事をマッサージの直前に行います。





たまに、自分でお店に来る前にやってきた…という方もいらっしゃいますが、
アナルのマッサージを受ける直前の方が効果が高いという理由から、
お湯浣腸を普段は自分でされている方
(イチジク浣腸使用や座薬での下剤も含む)
でも、私の施術を受けにきて下さった時は、
こちらでマッサージ直前に行うお湯浣腸受けて頂くようにしています。





浣腸のやり方  


1. お湯を1リットル(平均身長体重位の方)入れる。


体型によってはもう少し量が多い方が良い方もいらっしゃいます。





2. トイレに移動してからは最低5分位は入れたお湯を出さずに我慢する。


我慢は人によってその日の体調やお腹の調子で出来る方もいらっしゃれば、そうでない方もいらっしゃいます。

徐々にある程度の時間まで我慢が出来るように無理をしない程度に慣らしていくのが良いと思います。

お酒を飲まれている時はあまり良い方向性での浣腸が難しいので、
ドライチャレンジをしに来られる方は飲酒をせずに来てくださいね。





3.浣腸を出す時に気張らずに出し切る。


この出し方については自分なりに色んな方々で試してみた結果、
このような出し方で上手く出せた時に、アナルのほぐれ具合がかなり良い感じになる方がたくさんいらっしゃったので気張らずに出すという方法を採用しています。





大まかな説明はこのような感じですが、実際に行う時にはもう少し細かい部分のアドバイスも含めて説明をさせて頂いております。





以前の記事でも少し触れていますが、
浣腸はただアナルの中に詰まっていたウンチを出せば良いだけではなく、
その後のマッサージが効果的に働くようにするためには

『穴のほぐれ具合』

がけっこう重要になってきます。





少し文章にすると分かり辛くなる部分もあるので簡単な説明になってしまっていますが、
お逢いさせて頂ける方には最初から最後まできちんと説明をしてから行いますのでご安心ください。





よっぽどの浣腸好きさんか慣れている方でない限り、最初は説明通りになかなか進みません。





皆様、2.3回かけて徐々に慣れてもらえるようにしています。

浣腸が得意ではない方も4.5回経験をすれば大半の方は浣腸の感覚に慣れるようになります。





今まであまり浣腸の経験がなかったり、
初心者さんの場合、
大半の方々が浣腸を受けてから前立腺マッサージを受けた方が
アナルを触られている時の感覚がが楽になるという事と
時間の経過による感覚
(アナルの中が暖かく感じたり、奥の方からじんわりとしてくるような感覚)
感度
(気持ち良さ)
が上がったりしている方が多いです。





私の前立腺マッサージの触り方そのものが浣腸をした後のアナルが前提のものになるので、

Blogを読んで興味が湧いた方や、

いつもアナルが痛くなる方

アナルがだんだんしんどくなってくるという方

気持ち良さがある一定の所で止まってしまうという方

などは一度浣腸をつけた状態でのトライをお勧めします。





更に以前の記事にあるような下準備も揃えて来て頂くと効果倍増になると思います。

皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















皆様、こんにちわ(^-^)
ドライオーガズム(アナル快感開発)の調子はいかがでしょうか??


ドライオーガズム研究所所長の涼です
(^-^)


現在、OPEに在籍しています♪♪

オフィシャルHP



アナルのマッサージを受けるとペニスの感覚が鈍る!?

という内容です。





ここ最近、上記のような感覚になってしまう方が続いたので今回はこのテーマでお話をしようかと思います。





私の施術の場合、
アナルを触っている時間(前立腺マッサージの時間)が一番長くなる
ですが、いよいよ射精に…という時には前の記事にも書かせて頂きましたが、前立腺と同時にペニスを触ります。





この時のペニスの感覚が大体3パターン位に分かれるのです。


1. 麻痺タイプ


アナルの刺激があることで、ペニスよりもアナルの感覚の方が気になってしまい(もしくはアナルの方が気持ち良くなり過ぎてしまい)ペニスの感覚がほぼなくなってしまうか、いつもの感じ方よりも感覚が弱くなってしまうタイプ





2. 平常タイプ


アナルの刺激があってもペニスの感覚が普段とあまり変わらないというタイプ





3.相乗タイプ


アナルの刺激があることで、更にペニスの感覚も膨れ上がるというタイプ





大体がこの3パターンのうちのどれかに当てはまる方が多いのですが、1番タイプの方は、人により、アナルの中に指が入ったままだと射精が出来なくなるタイプの方がいらっしゃいます。 





基本的に、
1. 麻痺タイプの方には射精時に一旦アナルからは指を抜いてペニスだけで刺激をするのですが、
マッサージで前立腺への刺激があった事により、指を抜いてペニスだけで射精をしようとしても射精をした後のようなこそばさが出てしまってイケない人、
ペニスの感覚自体が麻痺してしまいイケない人イケたけれど射精感が全く(もしくはほとんど)ない人
…などがいます。





どのパターンが良いとか悪いとかではなく、体質的に1番になってしまう人はやっぱり下準備をすることが非常に大事になってきます。





いつでもどこでもアナルに指を入れる(指を動かしていない状態)だけですぐに気持ち良くなる…という方は別ですが、
最初からそのような感覚の方はほぼいらっしゃらないので、
そのような状態になるまでは下準備(別記事を参照)をした上でのトライをお勧めしています。





下準備をしていると、アナルに指が入ったままでも一緒に触ってイケる(射精する)可能性が上がります。





そして、その時に今までとは少し違った気持ち良さでの射精も体感して頂ける方が大半です。





前立腺をマッサージしながらの射精は後のスッキリ感がいつもより上がるというお声をよく聞きます。





1番パターンのアナルの感覚や感度が上がり過ぎる体質の方は、稀に射精が出来なくなってしまうこともあります…。


これにはご本人さんも一番驚かれるのですが、その位前立腺にはパワーがあるのです。





私のお店の宣伝文句にも
【射精の100倍気持ち良いと言われる快感!!】
と書いてありますが、
快楽が出た時に感じる感度は人それぞれなので、100倍かどうかはさておき…
ペニスの快楽は十分に超える事の出来る快感なので、興味のある方は是非チャレンジしてみて下さいね(^^)

皆様のドライオーガズムチャレンジお待ちしております♪




※スケジュールに関してはHP、またはFC2ブログの方でご確認をよろしくお願いいたします。

FC2ブログ

涼のドライオーガズム研究所

(スケジュール)

http://ryodry.blog.fc2.com

をご覧ください(^^)



※お遊びをお考えの方は、下記の記事をお読みいただいた上でお越しいただけた方が施術内容に関するご理解や、ご自身の身体感覚の変化を感じていただきやすくなると思います(^^)

是非参考にしてみてくださいね♪♪

















↑このページのトップヘ